徒歩で巡る沖縄ぶらり紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS バスで巡る宮古島2〜前浜ビーチ、来間島

<<   作成日時 : 2012/08/20 18:37   >>

トラックバック 0 / コメント 1

画像 路線バスを使って宮古島の観光地を巡る
方法についてまとめています。
第2回目は「前浜ビーチ」、「来間島(来間
大橋)」への行き方について紹介します。

 



<追記:2015年02月>
2015年1月31日に宮古島と伊良部島を結ぶ伊良部大橋が
開通しました。これに伴って路線バスのルートと時刻が
大きく変更になっています。
本ブログに書かれている時刻は変更になっていますので、
バス会社のサイトで正しい時刻を確認ください。
バス停から歩き方などの情報部分はそのまま使えると
思います。
なお、大橋の開通に伴うバス時刻の変更内容やバスを
使って橋を渡る方法などについては、以下のブログに
まとめていますのでそちらを参照ください

 → バスで渡る伊良部大橋−その1
 → バスで渡る伊良部大橋−その2
<ここまで追記>

<バスで巡る宮古島> 目次
その1 〜路線バス概要
その2 〜前浜ビーチ、来間島      ← 今回
    → 前浜ビーチ
    → 来間島(来間大橋)
    → 前浜ビーチと来間島を合わせて巡る方法
その3 〜池間島、西平安名崎
    → 池間島(池間大橋)
    → 西平安名崎
その4 〜海中公園、砂山ビーチ[準備中]
    → 宮古島海中公園
    → 砂山ビーチ

その5 〜東平安名崎、ドイツ村[準備中]
    → 東平安名崎
    → うえのドイツ文化村





今回は、宮古協栄バスの 「与那覇嘉手苅線」 の沿線にある 「前浜
ビーチ」と「来間島(来間大橋)」への行き方について書いてみたいと
思います。


 
 前浜ビーチ (まえはま びーち)

 宮古島はもとより、沖縄屈指の美しいビーチとして有名です。
 きめの細かい白い砂浜から見る海は、リーフが創り出す青の
 グラデーションで輝き、その中に美しい曲線を描く来間大橋が
 浮かぶように見え、とても幻想的です。ぼーっと眺めているだけで
 十分に癒されるお勧めのスポットです。
 また、毎年4月に行われる「宮古島トライアスロン大会」のスタート
 の「スイム」が行われる場所としても有名です。
画像画像画像  
ビーチから来間大橋来間島から見るビーチビーチ  



 バスでの行き方

 路線名:  与那覇嘉手苅線 [よなはかでかりせん] (宮古協栄バス)
 最寄バス停:  上地南 [うえちみなみ]
 平良からのバス所要時間:  約16分 (嘉手苅 経由は27分)
 バス停からの距離:  約1.6km 徒歩 24分

 バスの時刻

画像
  無印は毎日◎は平日のみ●は休日のみ の運転です。
 休日 には土曜、日曜、祝日、学校の休校日(春休み、夏休み、冬休み)
 が含まれます。それ以外の日が 平日 です。


 バス停からの歩き方

 バスを降りてバスの進行方向(与那覇方面)に少し進むと、左に入る
 広い道(県道235号線)があるのでそちらに曲がります。(道路上の
 案内板は「来間島」方面となっています。)
、あとはその道をまっすぐに進むと約20分でビーチの駐車場に突き
 当り、その先にビーチがあります。途中の右側には大きな「宮古島
 東急リゾート」があります。県道235号線は途中で左に曲がってしまう
 ため、道はだんだんと細くなっていき、ちょっと不安になりますが、
 「前浜ビーチ」と書かれた案内板が何ヵ所かあるので迷うことはない
 と思います。

☆ 「上地南」から前浜ビーチへのルートマップ
画像



 バス利用上のポイント

 与那覇嘉手苅線 は「平良」と「嘉手苅」との間を走っていて、その
 行きか、帰りかに 「与那覇」 へ迂回します。その迂回路の途中に
 「上地南」はあるのでちょっと変則的なバスルートとなっています。

 朝の2本は帰りに与那覇に寄り、それ以降は行きに与那覇を
 経由します。したがって、平良 7:20発、または8:20発で「上地南」
 に行く場合は一度終点まで行くため時間がかかります。特に
 8:20発は来間島も経由するため、約42分かかってしまいます。
 (通常の直行ルートでは 16分です。)

 料金は同じなので時間的に余裕がある場合は問題ありませんが、
 少しでも早く着きたい時は、迂回路分岐点のバス停 「下地役場前」
 で降りて歩くと早く着くことができます。「下地役場前」から「上地南」
 までは 400mほどで歩いて 約6分です。

 ☆ 上地南まで乗っていった場合 ☆
    [平良] 8:20発→9:02着 [上地南] ・・
                ・・徒歩24分・・ ビーチへ 9:27 頃 着
 ☆ 下地役場前で降りて歩いた場合 ☆
    [平良]8:20発→8:35着 [下地役場前] ・・徒歩6分・・
           ・・[上地南]・・徒歩24分・・ ビーチへ 9:04 頃 着
 
 「平良」11:00発 以降であれば、16分で「上地南」に着きます。

 一方、「上地南」から「平良」方面への帰りのバスは、11:22発以降は
 すべて、終点の「嘉手苅」経由となり、平良までは約27分かかります。

 なお、与那覇嘉手苅線は平良の市街地の中を通っています。
 「平良」 → 「サンエー前」 → 「北給油所前」 → 「西里通り入口」 → ..
 の順に停車していくので、宿泊先ホテルなどの最寄りバス停から
 乗車/下車ができます。
 平良市街地のバス停位置については「その1 路線バス概要編」を
 参考にしてください。


 お勧めコース、注意事項 など

 バスは日中時間帯は2〜3時間間隔で走っているので、次のバスで
 帰ると考えれば滞在時間は1.5〜2.5時間となり、のんびりと景観を
 楽しむのには、ちょうどよい感じです。

 ビーチは南から西方向を向いているので、午後になると海側の正面
 から陽を浴びる形になります。海上に見える美しい「来間大橋」は多少
 見えにくくなるので、橋の景観を楽しみたい方は午前中か夕方以降が
 お勧めです。(太陽の高度が高いので、午後でも十分楽しめますが。。)

 また、前浜ビーチは夕陽の観賞スポットとしても有名です。日没時刻
 に合わせて訪れてみるのもよいかと思います。ただ、宮古島の日の入り
 時刻は最も早い12月で17:50頃、最も遅い6〜7月は19:30頃なので、
 最終バスに乗り遅れないようにしてください。休日(夏休み期間などを
 含む)の最終バスは 18:22 です。(平日は 19:22

 海に入るのであれば滞在時間は長くなり、他の観光地を廻ることは
 難しいかもしれませんが、時間的に余裕があれば正面に見える
 来間島や来間大橋も合わせて訪れてみることをお勧めします。

 来間島を経由するバスは2本しかなく、さらにバスの時刻や迂回の
 順番などから考えると1日で前浜−来間島間を移動するのは一見
 難しそうですが、ちょっと工夫すると、1日で両方を訪れることは
 十分に可能です。
 詳細は次の「来間島」の紹介の中で説明します。
 



 
 来間島(来間大橋) (くりまじま、くりまおおはし)

宮古島の南西に浮かぶ周囲約9kmほどの小さな島です。
宮古島とは1995年に開通した来間大橋(1690m)で結ばれていて、
歩いて渡ることができます。
島には小さな集落が1つあるだけで、目立った観光施設はありませんが、
東側にある展望台からの来間大橋とサンゴに囲まれた碧い海、そして
正面に見える真っ白な前浜ビーチが創り出す眺めは感動的です。
また、あまり知られていませんが島の西側には白い砂が美しい
長間浜があります。
画像画像画像  
来間東展望台から来間島
竜宮城展望台から
来間大橋  



 バスでの行き方

 路線名:  与那覇嘉手苅線 [よなはかでかりせん] (宮古協栄バス)
 最寄バス停:  来間 [くりま]
 平良からのバス所要時間:  約 32分
 バス停からの距離:  バス停は来間島の集落の南端にあります。

 バスの時刻
画像

※ バスのルート(経由順番)は、
   8:20発: 平良 → 嘉手苅来間 8:52 → (与那覇) → 平良
   13:20発: 平良 → (与那覇) → 来間13:52嘉手苅 → 平良
  となります。

 バス停からの歩き方

 バスを降りて、バスの進行方向に100mほど進むと十字路があります。
 道幅の広い右方向(バスが進んでいく方向)に行くと、5分ほどで来間東
 展望台(来間東農村公園内にある展望台)があります。さらに進むと
 急な下り坂になり、途中を左に曲がると来間漁港方面、まっすぐ進むと
 来間大橋へと続いています。

 一方、十字路を反対の左方向に進むと集落の中に入り、6〜7分
 行くと右側に「来間小・中学校」 があります。学校の正門前を越えた
 次の道を右に曲がると正面に「竜宮城展望台」があります。
 小・中学校の前の道を竜宮城展望台方向に曲がらずにそのまま
 さらに6〜7分進むと、「←長間浜」と書かれた小さな案内板がある
 ので左に曲がり、そのまま10分ほどまっすぐ進めば長間浜
 (南入口)に出ることができます。(長間浜へのルートは他にもあります
 が、途中に案内板などはほとんどないため、このルートが一番わかり
 やすいと思います。)

☆来間島マップ(全体)
画像

☆来間島マップ(集落周辺詳細)
画像


 主な観光スポットのバス停からの距離と所要時間
画像

竜宮城展望台」と「来間東展望台」の2つの展望台からの眺めは
必見で、これを見るだけで来間島を訪れた価値はあります。
また「来間漁港」やその隣にある「来間ビーチ」からの驚くほど透明な
海の眺めや、向かいに見える前浜ビーチの白く輝く砂浜の眺めも
お勧めです。時間があれば、来間漁港から出ている水中観光船
海中を楽しむのもよいでしょう。

また、バス停からはちょっと離れていますが、プライベートビーチの
ような雰囲気を味わえる真っ白な砂が美しい 「長間浜」 でまったりと
過ごすのもお勧めです。

バスの中から 「来間大橋」 からの眺めは楽しめますが、せっかく
なので橋(1690m)を歩いて渡ってみることをお勧めします。
美しい曲線を描く橋梁の姿や、最も深い場所でも海底が透けて見える
ほど透明な海、そして遠くに見える真っ白な前浜ビーチの眺めなど、
その長さなど忘れて渡ることができます。橋の中央付近には「橋の
守り神」と言われるシーサーもいたりします。

そして、観光スポットではありませんが、古き時代の宮古諸島独特の
家並みが今も残る集落の中や、集落を出ると広がるサトウキビ畑
を中心とした広大な田園風景の中を、のんびりと歩いてみるのも
お勧めです。

食事ができるお店は、竜宮城展望台周辺、来間東展望台周辺、
来間漁港周辺に何ヵ所かあります。

 お勧めコース、注意事項など

バスは1日2本しかないので、行きも帰りもバスを使うのであれば、
   往路: 平良 8:20 → 来間 8:52
   復路: 来間 13:52 → 平良 14:24
となります。
滞在時間は5時間も取れるのでのんびり、じっくりと楽しむことが
できます。ただ、島内には観光施設は多くないので、ちょっと時間を
持て余す感じになるかもしれません。
「長間浜」まで行って広いビーチでのんびり過ごすのもよいですが、
ここにはシャワーやトイレなどの施設が無いので注意が必要です。
また、ビーチには日差しを遮るものがないので冬でも紫外線対策が
必須です。

来間大橋 を歩いて渡る場合は、行きか帰りかは「皆愛(みなあい)」の
バス停を利用すると便利です。「皆愛」は、来間大橋の宮古島側入口
から300mほど宮古島側に進んだ場所にあります。「来間」と「皆愛」
のバス停間は約 3kmです。


 
 前浜ビーチ と 来間島 を合わせて巡る方法

  バスで移動する場合

来間島を経由するバスは2本しかないので、帰りの 来間 13:52 発
前浜ビーチに寄りたいところですが、このバスは帰りには「上地南」を
経由しません。しかし、前にも述べたように 「下地役場前」と「上地南」
のバス停間は400m程しかなく、歩いて6〜7分です。
したがって、
☆ 往路: 平良 8:20 → 来間 8:52
  <来間島散策 約5時間>
☆ 移動: 来間 13:52 (または皆愛 13:54) → 14:09 下地役場前
      ・・(徒歩6分)・・上地南・・(徒歩24分)・・前浜ビーチ(14:39頃)

  <前浜ビーチ滞在 約 1.5時間>
☆ 復路: 上地南 16:32 → 16:59 平良 

とすれば、前浜ビーチと来間島の両方を訪れることができます。

  歩いて移動する場合
実は、前浜ビーチと来間大橋(宮古島側入口)との間は 約1.6kmで
歩いて約24分ほどの距離です。「上地南」バス停から前浜ビーチ
までの歩く距離とほとんど同じなので、来間大橋を歩いて散策するので
あれば、そのまま前浜ビーチまで歩いても「バスで移動した場合」と
歩く距離は変わらない
ことになります。

◇ 「来間」バス停 と 前浜ビーチ 間の距離と所要時間
画像

前浜ビーチと「来間」バス停間の移動時間としては、上で示したように
  実質 1時間10分くらいですが、来間大橋での景観を楽しみながら。。と
  考えると、1.5〜2時間を見ておいた方がよいと思います。

 前浜ビーチを先に訪れる場合 の例

例1) 平良発 8:20
☆ 往路: 平良 8:20 → 9:02上地南・・(約24分)・・前浜ビーチ(9:30頃)
  <前浜ビーチ滞在 約 1 時間>
☆ 移動: 前浜ビーチ 10:30頃出発 ・・ (来間大橋) ・・ 来間(12:00頃)
  <来間島散策 約 2 時間>
☆ 復路: 来間 13:52 → 14:24 平良
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
例2) 平良 11:00発
★ 往路: 平良 11:00 → 11:16上地南・・(約24分)・・前浜ビーチ(11:40頃)
  <前浜ビーチ滞在 約 20分>
★ 移動: 前浜ビーチ(12:00頃) ・・ (来間大橋) ・・ 来間(13:30頃)
  <来間島散策 約 30分>
★ 復路: 来間 13:52 → 14:24 平良

※ 平良 11:00発の場合、前浜ビーチに到着(11:40頃)して、「来間」で
  帰りのバスに乗る(13:52発)までに約2時間10分しかないため、
  ちょっと時間的に厳しくなります。ただし、移動時間は実質1時間
  ちょっとなので、12:00頃に前浜ビーチを出れば十分可能です。
  来間東展望台は「来間」バス停へのルート沿いにあるので
  その眺めを楽しむ時間はとれます。また「竜宮城展望台」は、
  バス停の先にあるので、バス停付近に到着した時、残り時間を
  考慮して行くかどうかを判断すればよいと思います。


 来間島を先に訪れる場合 の例

例1) 平良発 8:20
☆ 往路: 平良 8:20 → 8:52 来間
  <来間島散策 約 3 時間半>
☆ 移動: 来間 12:30頃 ・・(来間大橋)・・ 前浜ビーチ(14:00頃)
  <来間島散策 約 2 時間>
☆ 復路: ビーチ16:00頃・・(徒歩24分)・・上地南16:32 → 16:59平良
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
例2) 平良 13:20発
★ 往路: 平良 13:20 → 13:52 来間
  <来間島散策 約 1 時間半>
★ 移動: 来間 15:30頃 ・・ (来間大橋) ・・ 来間(17:00頃)
  <前浜ビーチ滞在 約50分〜1時間50分>
★ 復路平日:
     ビーチ18:50頃・・(徒歩24分)・・上地南 19:22 → 19:49 平良

★ 復路休日:
     ビーチ17:50頃・・(徒歩24分)・・上地南18:22 → 18:49 平良


☆ 来間島周辺広域マップ
画像




 「洲鎌(すがま)」バス停の利用
来間島経由ではないバスも通る、来間島に最も近いバス停は、「洲鎌」
となります。したがって、「来間」でバスに乗り遅れた場合や、13:52着
で来間島を訪れた場合でも、「洲鎌」まで歩けば「平良」方面に帰ること
ができます。

「洲鎌」のバス停は、来間島から「来間大橋」を渡り、そのまままっすぐ
30分くらい進むと、広い通り(国道330号線)に突き当たるので、
左に曲がり、6〜7分進んだところにあります。
来間大橋の「宮古島側入口」 からは約2.7kmで 40分くらいです。





月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
バスで巡る宮古島の記事、すごく役に立ちました!
この記事のおかげで砂山ビーチにも前浜ビーチにも行けて、栗間大橋も徒歩で渡れて宮古ブルーを堪能できました。ありがとうございました。
なお
2014/05/04 11:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
バスで巡る宮古島2〜前浜ビーチ、来間島 徒歩で巡る沖縄ぶらり紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる