徒歩で巡る沖縄ぶらり紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS 新石垣空港へのバスアクセスについて

<<   作成日時 : 2013/03/10 23:00   >>

トラックバック 0 / コメント 9

画像 2013年3月 新石垣空港が開港しました。
 石垣島で唯一路線バスを運行している、
 東(あずま)バスの新空港への乗り入れ
 についてまとめてみました。(2015年6月
 よりカリー観光も路線バスの運行を開始
 しました。)




石垣空港への路線バスでのアクセス方法については、
石垣空港へのバスアクセス2
で改めてまとめ直しています。





2015.06 追記
2015年6月22日より「カリー観光バス」が
石垣空港〜離島ターミナル間をノンストップで結ぶ路線バスの運行を
開始しました。

申請から丸一年、紆余曲折ありましたが ようやく という印象です。
バスは 空港〜離島ターミナル間 を1日17往復し、途中の停車は
ありません。所要時間は約30分で、東バスより6分〜16分短縮
されました。運賃は東バスと同じ540円です。
これにより、空港〜離島ターミナル間の所要時間は、
◎系統4 (平得,大浜,白保経由) 36分
◎系統10 (日航、ANA経由) 準急便 39分
◎系統10 (日航、ANA経由) 普通便 42〜46分
◎カリー観光 直行バス 30分
となりました。時刻等は本文に追記しています。

2015.04 追記
2015年4月20日より 系統4、系統10 「空港線」は 夜20時以降
離島ターミナル へ経由しなくなりました。
この変更による他バス停の時刻変更はありません。

2015.03 追記
2015年3月20日から 系統4「空港線」が離島ターミナルを経由する
ようになりました。時刻は下りはバスターミナル発の1分後、上りは
バスターミナル着の1分前です。
他のバス停の発着時刻は変更ありません。
これにより、空港〜離島ターミナル間は 15分間隔 で結ばれる
ようになりました。

※ ここまで追記 ※

※ これより古い「追記」は 記事の後ろ に移動しました。





2013年3月7日 石垣島民待望の 新石垣空港 [愛称:南 (ぱい)
ぬ島 石垣空港]
が開港しました。
石垣島では開港に合わせて多くのイベントがおこなわれていて、大変な
にぎわいをみせています。
新空港は滑走路が2,000mとなって、これまで石垣空港の名物?
であった急ブレーキ/急発進によるスリルある離着陸が味わえなく
なるのはちょっと残念ですが、広くてきれいな新しいターミナルビル
もオープンして、快適な空の旅 を演出してくれるものと思います。

そんな新石垣空港は、これまでの空港と比べ市街地からの距離が
だいぶ遠くなりましたが、バスターミナル と 新空港 との間は、
日中15分間隔で路線バスが走るようになり、旧空港より便利になり
ました。

また、本数は少ないですが、島の東海岸線を走っているバスが
新空港に乗り入れたり、石垣島最大の景勝地「川平湾」とその周辺の
ホテルを経由する 新空港〜川平 の直行バスが新設されたりと、
空港からの路線バスルートも多様化しました。

<追記>
さらに、2015年6月22日からは 沖縄本島や石垣島で観光バスを運行して
いる「カリー観光バス」が路線バス事業に新規参入し、石垣空港〜
離島ターミナル間の路線バスの運行を開始しました。


本ブログでは、新空港開港に伴う路線バスの変更内容について
簡単にまとめてみました。

※以下の内容は特に但し書きがない限り、東バスについての記述です。

バス時刻の詳細などについては 路線バスを運行している
東(あずま)バス のホームページを参照ください。
 → 南の島のバス会社 東運輸(株) 



新石垣空港へ乗り入れる路線バスについて

☆ 石垣空港を通るバス路線図 
(2015/06/23 第9版 カリー観光追加版です)
画像


 → この PDFファイル は こちら

☆ 東バス全体 路線図 
(2015/06/22 第9版 カリー観光対応版です)
画像


 → この PDFファイル は こちら

☆ 路線概要

◆ 系統番号 ④
平得、大浜、白保経由 空港線 (旧白保線)
[経路: BT〜離島タ〜平得〜大浜〜白保〜空港]
30分間隔で運行
これまでの「白保(しらほ)線」を延長して新空港まで運行。
「白保線」の名称は無くなり、「白保経由 空港線」になりました。
所要時間はバスターミナルから 37分 です。
2015年3月20日より、離島ターミナルも経由する ようになりました。

◆ 系統番号 ⑩
日航八重山、ANAインターコンチネンタル経由 空港線
[経路: BT〜離島タ〜日航八重山〜ANA〜空港] 
30分間隔で運行
これまでの「空港線」に代わって運行される新ルートです。今まで
路線バスが乗り入れていなかった「離島ターミナル」を経由し、
ホテル日航八重山ANAインターコンチネンタルを廻ったあと、
「系統4 空港線」と同じルートで 新空港 へ向かいます。
途中、系統4 空港線と同じバス停に停車する「普通便」と
「ANAインターコンチネンタル」から 空港 まで ノンストップとなる
「準急便」が交互に運行されています。
所要時間は「準急便」は 40分、「普通便」は 43〜47分 です。

◆ 系統番号②、③、⑤、⑥
東廻り一周線 (下り1本)
西廻り一周線 (上り2本)
平野線 (平日2往復、日祭日3往復)
平野経由伊原間線 (平日のみ1往復)
これらは開港前から新空港のすぐ横を通っていましたが、開港後
は 新空港 に乗り入れるようになりました。
空港から北方向(玉取崎、伊原間、明石、平野など)へのアクセス
に便利です。
なお、バスターミナル〜空港間のルートは 系統4 と同じです
※ 系統4は離島ターミナルも経由するように変更されましたが、
これらのバスは離島ターミナルを経由しません。


◆ 系統番号 ⑪
米原キャンプ場線
[経路: BT〜ANAコンチネンタル〜日航八重山〜サッカーパーク
 〜米原ヤシ林入口〜川平〜クラブメッド〜川平〜米原ヤシ林入口
 〜サッカーパーク〜空港]

米原キャンプ場線は運行ルートが大きく変わりました。これまでは、
バスターミナル〜川平 間を島の中央部を抜けるルートで 4往復
走っていましたが、開港後は、そのうちの2往復は バスターミナル
に戻らずに 新空港 まで往復します。つまり、
「バスターミナル」「川平」「空港」
「空港」「川平」「バスターミナル」
というルートで 1日 2便 運行されています。
空港から 川平湾 や 川平周辺のホテル に直接向かう場合は、
バスターミナルを経由するより、早く安く移動することが
できます。ただし、1日2往復しかないため、時間帯によっては
バスターミナルを経由する方が早くなります。

◆ カリー観光バス (2015.06.22 運行開始
空港〜離島ターミナル間 直行バス
[経路: 空港〜離島ターミナル]
カリー観光バスによる新規バス路線です。空港と離島ターミナル
のみに停車する直行バスなので 離島ターミナル を利用する場合には
便利です。所要時間は30分で、東バスの最も早い便より6分短縮に
なっています。
1日17往復あり、最短では20分間隔で運行していますが、1時間
空く時間帯もあるので注意が必要です。

<追記>カリー観光の直行バスの時刻は、
 石垣空港発 毎時10分、30分 (始発9:10 最終19:10)
 離島ターミナル発 毎時20分、50分 (始発 8:20、最終 18:20)
にパターン化され利用しやすくなりました。



運行パターンについて
「バスターミナル」と「新空港」とを結ぶ2つのメイン路線(4系、10系)
の運行は、バスターミナル、空港ともにパターン化されて毎時 同じ分
に発車するので、とてもわかりやすくなっています。
所要時間は、準急便などもあるので 37分 〜 47分 と便により異なり
ますが、下り/上り ともに途中での追い抜きはないため、どこから乗車
する場合でも、来たバスに乗れば一番早く着くことができます。
バスターミナル〜空港 間の運行パターンを以下に要約しておきます。

バスターミナル発 空港行き の時刻
 毎時00分発 ④系統 白保経由       所要 37分
 毎時15分発 ⑩系統 日航、ANA経由    所要 43分〜47分
 毎時30分発 ④系統 白保経由       所要 37分
 毎時45分発 ⑩系統 日航、ANA経由準急便所要 40分
※ 4系 白保経由は 6:30〜21:00 30分間隔で運行 (20:30は無し)
※ 10系 日航、ANA経由は 6:10 と 7:15〜19:45 30分間隔で運行
※ 毎時15分発は、途中にリゾートホテルの「かりゆし倶楽部」を
 経由する便 (所要47分)と経由しない便 (43分)があります。

空港発 バスターミナル行き の時刻
 毎時00分発 ④系統 白保経由       所要 37分
 毎時15分発 ⑩系統 日航、ANA経由    所要 43分〜47分
 毎時30分発 ④系統 白保経由       所要 37分
 毎時45分発 ⑩系統 日航、ANA経由準急便)  所要 40分
※ 4系 白保経由は 8:30〜20:30 30分間隔で運行、その他に
 7:15発、7:45発、20:45発、21:45発があります。
※ 日航、ANA経由は 8:15〜20:15 30分間隔で運行、その他に
 7:25発、20:50発 があります。
※ 毎時15分発は、途中にリゾートホテルの「かりゆし倶楽部」を
 経由する便(所要47分)と経由しない便(43分)があります。

離島ターミナルへの移動について
空港から八重山離島(竹富島、西表島、黒島、小浜島、波照間島など)
へ直接向かう場合も多いかと思います。(またはその逆)
各離島への高速船は「石垣港 離島ターミナル」からの
発着となりますが、
2つの空港線(系統4、系統10)ともに離島ターミナル
を経由します。(合わせると15分間隔)
バス停は 離島ターミナル正面入口の すぐ前にあります。
(徒歩30秒)

ただし、夜20時以降は 上り/下りとも 離島ターミナルを経由しません。
注意してください。
(バスターミナル発 20:00以降、石垣空港発 19:15以降 のバスです)

なお、離島ターミナルは「バスターミナル」 から歩いても
2〜3分 程度
なので、空港線以外のバス(2系、3系、5系、6系)
に乗って、終点「バスターミナル」で降り、歩くことも可能です。

<追記>
「カリー観光バス」による 空港〜離島ターミナル 直行便の運行が
開始されました。



空港〜市街地間のバス本数と所要時間
空港と市街地方面(バスターミナルや離島ターミナルなど)とを結ぶ
バスの運転本数と主なバス停への所要時間です。
(※ 2015年6月22日時点)
画像



主なバス停〜空港 間の運賃
※ 2014年4月1日の料金改定後の運賃です

< バスターミナル方面 >
 ☆ バスターミナル  540円
 ☆ 離島ターミナル  540円
 ☆ ホテル日航八重山  530円
 ☆ ANAインターコンチネンタル  450円
 ☆ 平得  470円
 ☆ サンエー前  470円
 ☆ 大浜  390円
 ☆ 白保  210円
 ※ カリー観光バスも離島ターミナルまで  540円
 

<空港から北方向>
 ☆ 玉取崎  540円
 ☆ 伊原間  600円
 ☆ 平久保  910円
 ☆ 平野  990円

<新設された 空港〜川平 間を直行する「米原キャンプ場線」 を
 利用した場合の運賃>
 ☆ 川平(公園前)  810円
 ☆ クラブメッド カビラ  900円
 ☆ シーサイドホテル  860円
 ☆ 米原(キャンプ場)  530円
 ☆ 米原ヤシ林入口  510円

※ 「東廻り一周線」、「西廻り一周線」 で 川平〜新空港 間を
 乗車する場合は 片道1,300円なので、1日フリーパス
 (後述)を利用して 1,000円 となります。


フリーパスについて
 ※ 2種類のフリーパスは2014年4月の消費税増税による値上げ
 はなく、据え置き となっています。


東バスでは、全路線で利用可能なフリーパスを 2種類 販売して
います。路線バスを使って島内を観光する場合はフリーパスを
使った方が断然お得です。フリーパスは、バス車内でも購入
できます。
1日フリーパス 1,000円
5日間フリーパス(みちくさフリーパス)2,000円


空港からの利用で考えると、バスターミナル周辺のホテルに滞在
予定で、石垣島に着いたその日のうちに川平湾を観光する場合、
◇ バスターミナル経由で川平湾を往復すると、
   540円 + 720円 + 720円= 1980円
◇ 空港から米原キャンプ場線で直接 川平に行ってから、
 バスターミナルへ移動する場合
   810円 + 720 円 = 1530円
と、どちらの場合も 「1日フリーパス」を買った方が安くなります。
フリーパスはバスターミナルの窓口だけでなく、バス車内でも購入
できます。

石垣島に着いた日は、空港 → バスターミナル間を移動するだけで
あれば 540円 なので現金での乗車の方が 安く なります。

また、以前から販売している 2,000円の 「みちくさフリーパス」(全路線が
5日間乗り放題)
は、継続販売されています。
路線バスを使って2日以上、島内を路線バスで観光する予定の
場合は、空港からのバス利用時に 「みちくさフリーパス」 を
を購入した方がお得です。


バスの乗り方
・ バスは 前乗り/前降り整理券方式の料金後払い です。
 バスには中扉がついていますが使われておらず、前扉からの
 乗り降りとなります。
・ 乗車時に 整理券を取り、降車時にバス前扉上部にある運賃表で
 運賃を確認し、料金箱に整理券とともにお金を入れます。
・ バスには両替機がついており、1000円札までの両替が可能です。
 2,000円札、5,000円札、10,000円札の両替はできません。
バスターミナルから乗車する際には、あらかじめ窓口で
 乗車券を購入してください。

・空港線で使用されているバスは、本土でよく見かけるいわゆる
 「低床型バス」です。したがって、荷物をトランクに預けることは
 できませんが、段差は少ないので荷物の乗降は割と楽におこなえ
 ます。
・空港線以外は中型のバスで 低床型 の場合とそうではない場合が
 あります。(東バスの時刻表には「バリアフリー車両」で運行と
 記載されています。)

・カリー観光のバスは トランクルームは無く、基本的には低床型 の
バスです。(一部、そうではないバスもあります。)


バス時刻表 (東バス)
 バスターミナル〜新空港間、および新空港から川平、伊原間方面
 へのバス時刻表を以下に記載しておきます。

画像


画像


画像


◇ 離島ターミナル から 空港 への時刻 (東バス)
画像


◇ 空港 から 離島ターミナル への時刻
 上記の 「空港 から バスターミナル 行(上り)」 のうちの、
 系統4、系統10 が離島ターミナルを通ります。


バス時刻表 (カリー観光)
新設された カリー観光バス 直行便 の 空港発、離島ターミナル発
の時刻です。
2016年1月時点の時刻
画像


※ カリー観光の時刻の最新情報は こちら



バス乗り場について

◆ バスターミナル の乗り場

◇ バスターミナルの空港行 乗り場は 4系統、10系統ともに
 1番のりばです。
画像


◇ バスには系統番号が明記されるようになりました。
画像


◆ 離島ターミナル の乗り場
◇ 新空港開港による改正により、離島ターミナルにも路線バスが
乗り入れるようになりました。バス停 はターミナル正面入口から
すぐの場所に立てられました。(タクシーレーンを渡ったところ)
なお、新設されたカリー観光のバス乗り場はこのバス停があるレーン
を右に50〜60m進んだ場所にあります。(ターミナル側から見ると
左方向)
画像



◆ 新石垣空港 の乗り場
◇ 新石垣空港ではターミナル前の送迎レーンの一番前の端っこ
(北側)にバス停があります。国際線ターミナルの前で国内線発着
ロビーからはちょっと歩きます。特にANAの出発カウンターからは
距離があります。
国内線到着口の正面にある出入口を出て、左方向に進むとバス停
があります。日中時間帯であれば、バスが必ず1台は停まっている
ので分かると思います。

写真の 道路上に屋根が設置されている場所が到着ロビーの
前あたりです。また、小さくてわかりづらいですが、バスが見える
場所がANA出発ロビーの前あたりです。
ターミナルは 南から、「ANA出発カウンタ」−「到着ロビー(共用)」
−「JTA (JAL)、スカイマーク、ピーチ 出発カウンタ」−「国際線
ターミナル」 の順に並んでいます。
カリー観光バスのバス停はすぐ横にあります。
画像






<以下は これまでの 追記 です> ※ 古い順

※ 2013.03下旬 追記 ※
◇ 空港へのバスの運行状況について
開港から3週間以上が過ぎ、お祭りムードだった石垣島は平静さ
を取り戻しています。ただ、やはり例年に比べてかなり観光客
が多い印象があります。
市街地からのアクセス道路が国道390号線しかないため、渋滞に
よるバスの遅延が心配されていましたが、開港直後の土日でこそ
駐車場が満杯になって渋滞が発生しましたが、警備員が多数配置
されて円滑な誘導が行われたこともあって、路線バスの大きな
遅延はありませんでした。現在では、毎日ほぼ定刻通りに運行
されています。もともと、かなり余裕を持ったダイヤ設定になって
いるので、道行く車のスピードがとても遅い石垣島にあって、
さらにゆっくりとバスが進んで、バスの後ろに10台近くの渋滞が
できている、、なんていう光景もしばしば見られます。それでも時間
が余って、バス停で時間調整のためにしばらく停まることもよく
あります。
したがって、途中のバス停で空港発着のバスを待つ場合は、
時刻通り (場合によっては若干フライング気味) にバスが来ると
考えておいた方がよいと思います。
※ ここまで 追記 ※

※ 2013.04.11 追記 ※
◇ 空港へのバス時刻変更について
開港から1ヶ月目の2013.04.07に空港線の時刻変更がおこなわれ
ました。上の追記でも書いたようにかなり余裕を持ったダイヤと
なっていましたが、さっそく見直ししたようです。
バスターミナル−空港間 の所要時間は
 ◇ 4系 白保経由 経由 空港線     45分→40分
 ◇ 10系 日航、ANA経由 空港線(鈍行便)   46分→44分
 ◇ 10系 日航、ANA経由 空港線(準急便)   35分→38分
となりました。(準急便は逆にちょっと遅くなりました。)      
ただし、バスターミナル発、空港発 の時刻は変更ありません。
 途中のバス停から乗車する場合のみ、多少時刻が変わっている
 ので注意が必要です。
※ ここまで 追記 ※

※ 2014.02下旬 追記 ※
◇ 系統10 「日航、ANA経由 空港線」 の増便について
新空港の開港から1年近くが経ちましたが、石垣島の活況は
変わらずに続いています。例年では1月や、2月の千葉ロッテ
キャンプが終わると観光客がガクッと減るのですが、今年はそんな
様子はなく、観光地や街中に多くの人がいて、GW 期間中か?と
思わせる雰囲気があります。
特に夕方の出発/到着便が重なる時間帯は、空港の中は混み
合い、路線バスも座席が埋まって立っている人がいることもある
くらい混むことがあったりで、驚いてしまいます。
( 旧空港の時は 多くても10人くらいの利用客だったので。。
なにしろ、新空港ができる前は整理券や料金表はおろか、
両替機もなくて、運転手が手動で両替していたのですから。。 )
これから、開港一周年記念のイベントなども予定されていて、
まだしばらくは活況な状態が続きそうですが、2年目に入って、
消費税も上がる中、どれだけ観光客の心を繋ぎ止めることが
できるか、勝負の2年目になりそうです。
 
さて、ちょっと古い情報になってしまいましたが 2013年12月に
系統10 「日航、ANA経由 空港線」が 2往復 増便になりました。
始発前に1往復、終発後に 1往復が追加になっています。
系統10 の従来の便、および 系統4 の便には変更ありません。
これに伴ってブログの内容も見直しをおこないました。
対応が遅くなり申し訳ありません。  
※ ここまで 追記 ※

※ 2014.04.01 追記 ※
2014年4月1日の消費税増税に伴う運賃改正を盛り込みました。
バスターミナル〜空港間は 520円 から 540円 になりました。その他も
200円以上の区間は 10円 〜 30円 の値上げとなっています。
なお、2種類のフリーパス(1000円、2000円)の値段は 据え置き
変更ありません。
※ ここまで 追記 ※


※ 2014.07.07 追記 ※
2014年7月1日から路線バスの時刻が一部改正されています。
「 空港線 」は 系統10 (日航、ANA経由) 空港発の始発が 30分遅く
なった以外は、バスターミナル発、空港発 の時刻や運転本数などに
変更はありません。ただし、途中のバス停の通過時刻が一部見直し
されています。
これにより、バスターミナル〜空港 間の所要時間は
 系統4 (平得、白保経由)は、37分(これまでに比べ −3分)、
 系統10(日航、ANA経由)準急便は、40分 (+2分)  
 系統10(日航、ANA経由)普通便は、43〜47分 (−1分)  
となっています。
また、空港発 川平行 の「米原キャンプ場線」は発時刻の変更は
ありませんが、川平までの所要時間が43分となり、2分短縮され
ました。
その他の空港を経由する路線も、所要時間の見直しが行われて
いるため、数分の時刻変更があります。
※ ここまで 追記 ※






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
とても、細かく、写真入りで説明されていてありがたいです。ありがとうございます(^-^)
めい
2013/03/15 22:38
とても役立ちました。バス会社は分かりづらく、更新されていない物もありどうかと思います・・
あきまん
2013/06/20 11:59
はじめまして。
次のGWに4歳の子供連れで石垣島&西表島にいこうと思い、調べているうちに、こちらのブログにたどりつきました。

少し質問させていただけないでしょうか?
一日乗車券を使って、こちらのブログで紹介されていた川平湾、唐人墓、展望台に行こうかと考えています。
・13:00 BT→13:40 ISG
(1日遅れで来る主人を迎えに行く。)
・15:00 ISG→16:05 川平公園
・16:20 川平公園→17:45 唐人墓
 (唐人墓、観音崎灯台と展望台 夕日を見る)
・19:40 唐人墓→20:00 BT
の計画は無理はなさそうでしょうか?
また、バス停はわかりやすい場所にありますか?
お忙しいかと存じますが、私の調べた中で一番石垣島の路線バスに精通した方のご意見を頂戴できたら、嬉しく思います。よろしくお願いします。
ヒナ
2014/02/15 15:18
ヒナさん へ

ブログへのコメントありがとうございます。
頂いた質問への回答です。
(800文字制限があるので2つに分かれます。)

書かれている時刻に誤記があるようなので
修正と確認ですが、
◆ 空港 15:00 → 15:45 川平(公園)
(川平湾散策)
◆ 川平 17:20 → 17:45 唐人墓
(唐人墓、観音崎 散策)
◆ 唐人墓 19:40 → 20:00 BT

という予定でよいでしょうか?
(補足:今回利用する「米原キャンプ場線」と「川平
リゾート線」は 川平 で折り返す形で運行されますが、
その際にクラブメッド(リゾートホテル)を経由する
ため、 →川平→クラブメッド→川平→ と、川平 の
バス停を2回通ります。なので、川平で降りる場合は
1度目の時刻、乗車する場合は2度目の時刻で利用
可能です。したがって川平着は15:45となります。)

以下、この予定として話を進めます。

川平湾での滞在時間は 1時間半くらいあるので問題ないと
思います。小さなお子さんがいらっしゃるということなので、
海底のサンゴや魚を観察できるグラスボートに乗ってみるのも
よいと思います。数社が運航していて、所要時間30分、1000円
です。(消費税アップで上がっているかも)
15〜30分間隔で出ています。
バス停から海岸に出る途中に乗船券売り場が並んでいるので
気に入った所で申し込めば次の便に乗れると思います。
(GW中の混雑具合がわかりませんが、増便もするので予約なし
で大丈夫と思います。)
oguogu
2014/02/16 13:48
(続き)
唐人墓の方は約2時間あるのでこちらも十分です。逆に時間をもて余してしまう感じかもしれません。
GW頃の日入り時刻は 19:13〜15 なので夕日観賞にはちょうどよいですが、日没まで1時間半くらいあります。
唐人墓は、周辺の記念碑を合わせても 20分もあれば見終ってしまいます。

観音崎まで6〜7分で、展望台と灯台はありますが、そんなに広くはありません。
また周辺にはお店などないので、日が暮れると暗くてさびしい感じです。

観音崎からさらに7〜8分歩くと「フサキリゾートビレッジ」があり、ここも夕日スポットとして有名なので、ここまで行くのがよいかもしれません。

バスは フサキビレッジ→唐人墓 の順に停まるので、帰りはフサキビレッジから乗車できます。
フサキビレッジにはビーチや夕日を眺める桟橋などがあり、宿泊者でなくても無料で利用できます。
時間的に海に入るのは無理そうですが、ビーチや桟橋の向こうに沈む夕日の眺めは最高です。
ここならお店などもあるので快適に過ごせると思います。

ただ、旦那様に大きい荷物があるかとか、小さな子供がいるなどの条件があるので、どれくらい徒歩で移動可能か判らないので、ご判断はまかせます。
観音崎からの夕日も とても綺麗です。

バス停については、川平、唐人墓とも分かり易い場所にあります。

川平は、バスを降りてお店などが並ぶ方向に進み、そのまままっすぐ林の中を行けば、海が見えてきます。バス停から海岸まで3分くらいです。
唐人墓へのバス乗場は、降りた場所の道の反対側にバス停があります。

唐人墓は、バス停の横に墓への入口があり墓までは2分位です。

以上がご質問への回答です。
多少でもご参考になれば幸いです。
oguogu
2014/02/16 14:28
お返事ありがとうございました。
川平湾もゆっくりできること、唐人墓の傍のフサキビレッジでも夕日がきれいだという情報もいただけ、とても参考になりました。
天気がよければ、この案で楽しんできます。
本当にありがとうございました。
ヒナ
2014/02/19 02:13
はじめまして。バスで巡る石垣の旅を考えており、偶然このブログに出会えました。
とてもわかりやすく、使えるガイド記事に感謝しています。そこでひとつ教えていただきたいことがあります。
「明石食堂」のソーキそばとかつ丼がどうしても今一度食べたいのですが、レンタカーなしの旅で頼るものはバスのみです。行って、食べて(しかも混雑して待たされたら、どうなる???)戻ってくるだけでもよいのですが、行けますでしょうか? バス停からこの明石食堂まで徒歩でどのくらいかかるのか、そしてバスは平久保の往復は一便のみだから、食堂に行って戻れるチャンスも一日に1回だけなのでしょうか・・・。
よろしくお願いします。
まだむ大阪
2015/01/28 14:42
まだむ大阪さんへ
返事遅くなりすみません。
明石食堂は口コミが広がって最近は大混雑のようですね。

最寄バス停は平野線の明石(あかいし)になり、バスは明石の集落まで入ってきて停車するので食堂までは200〜300m、徒歩3〜4分です。
バス停で降りてバスが来た方向に50〜60m戻ると左に入る道があるので、そちらに曲がれば数分です。曲がる所に案内板があります。
バスは1日3往復ありますが、食堂の営業時間(11:00〜15:00、18:30〜20:30(LO))から考えると、BT11:20発→明石着12:32 で行って、そのバスの折り返しである明石13:53発→BT着15:05で帰ってくるというパターンになります。
1時間21分の滞在時間なので通常は昼食をとって戻るには丁度よいのですが、
混雑時は1時間以上待つこともあるようなので、間に合わない場合は次の明石発17:58発(BT着19:10)で帰ることになります。
すぐ近くに明石海岸があって美しいビーチなのでここでのんびり過ごすのがよいと思いますが、それでも時間を持て余す感じになりますね。
そんな時は明石海岸で過ごした後、明石16:47発の下り(平野行)に乗って次の久宇良(くうら)まで行き(16:54着)、近くのサンセットビーチの眺めを楽しみ、17:51発のBT行で戻る方法もあります。
久宇良のバス停からビーチまでは歩いて5〜6分なのでビーチで30分位過ごせます。
ちなみに明石海岸は太平洋側ですがサンセットビーチは東シナ海側です。両方の海を楽しむ事ができちゃいます。

なお明石13:53発に乗れた場合は、途中の空港で乗換えれば、川平湾に行くことが可能です。(空港14:28着、空港15:00発の米原キャンプ場線で川平15:43着)

以上、ご参考になれば幸いです。
管理人
2015/01/31 22:47
返信ありがとうございます。ただ行くだけでもいいとは言いつつも、内心は貴重な石垣での1日ですので、正直悩んでいました。
教えていただいた情報では、サンセット(これが、またいつも意外に見逃している)も楽しめそうですし、一緒に行く友人にもプランを話してみます。

こんな素晴らしいアドバイス、本当に助かりました。ありがとうございます。久々の石垣を存分に味わいたいです
まだむ大阪
2015/02/03 08:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
新石垣空港へのバスアクセスについて 徒歩で巡る沖縄ぶらり紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる