徒歩で巡る沖縄ぶらり紀行

アクセスカウンタ

zoom RSS バスで渡る伊良部大橋−その2

<<   作成日時 : 2015/02/27 01:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像 宮古島 と 伊良部島 を結ぶ 伊良部 大橋 が
 開通し、橋を渡る路線バスが運行される
 ようになりました。 大橋開通に伴う路線
 バスの変更点 と バスでの橋の渡り方に
 についてまとめてみたいと思います。
 ( その2です )



2015年1月31日に宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」が開通
しました。これに伴い、両島を結ぶフェリーは廃止となり、2月1日から
は 大橋 を渡る路線バスが運行されています。
また宮古島、伊良部島の既存バス会社の運行ルートや時刻も変更
になっています。


本ブログ(その2)では 徒歩路線バス を使った 伊良部大橋 の
渡り方について、あれこれ書いてます。


大橋開通に伴う 路線バス のルートと時刻の変更の概要に
ついては ブログ (その1)を 参照ください。

時刻表や運賃表など

その1でも 掲載しましたが、改めて 宮古島/伊良部島 を走る
路線バスの 時刻表 や 運賃表 へのリンクについてまとめておきます。

3社ある宮古島市のバス会社(伊良部島も宮古島市です)の
バス時刻表や運賃表などは、宮古島市のホームページに リンク が
まとめて記載されているので、こちらが便利です。

(宮古島市)宮古島市内バス路線について

3社を合わせた全体のバス路線図 (PDFファイル)

■ 共和バス
 時刻表と運賃表(宮古島市のページ)
■ 八千代バス
 時刻表と運賃表(自社ページ)
■ 宮古協栄バス
 時刻表と運賃表(自社ページ)


共和バス時刻表

伊良部大橋を渡る 共和バス の 時刻表 を改めて 記載 しておきます。
平良港−佐良浜港 間 に 伊良部大橋 があります。

平日の時刻表
画像

画像


土日祝 の時刻表
 ※土日祝には学校休校期間(春休み、夏休み、冬休み)が含まれます。
画像

画像



伊良部大橋をバスで渡る

宮古島に行く機会があれば、何はともあれ
日本一長い橋 を渡ってみたい と思うのは当然 と思います。

レンタカーでの観光であれば、とりあえず渡って往復してみることは
容易ですが、車がない場合は「路線バス」という選択肢になると思います。

そして、せっかく渡るのであれば、伊良部島も合わせて観光してみる
ことをお勧めします。
橋を渡るバスの時刻は 共和バス の 時刻表 に記載されている
ので、どのバスで往復して、伊良部島 のどこを観光するかは 各自で
計画して頂くのが一番と思います。

ここでは 伊良部島 での 観光などは ほとんど考えなくてよい ので、
とりあえず 橋を渡ってみたい という方 のための
往復パターン などについて書いていきたい と思います。

なお、観光客のほとんどは 平良市街地にあるホテル等に滞在する
と思うので、以降の記述は、平良港 から 大橋を渡って 伊良部島
まで往復する
という想定 での記述 となっています。

市街地 から 平良港 までの距離は およそ 1〜1.5 kmくらい なので
歩くことは十分可能ですし、宮古協栄バス と 八千代バス を使って
移動すること も可能です。
市街地 から 平良港 へのバス時刻については その1 を参照ください。
<平良港までのおよその距離>
★ 市役所前      0.8 km
★ 宮古第一ホテル  1.0 km
★ 北給油所前    1.2 km
★ 西里通り入口   1.2 km
★ サンエー前     1.4km

とりあえずバスで往復してみる

とりあえずバスで 橋 を 往復してみる ということであれば、
平良港」→「佐良浜港」 「佐良浜港」→「平良港」 と 乗車
する ということに なります。

橋の両端 から 最も近いバス停間を往復するということであれば、
「ドリームキャッスル前」−「佐良浜港」 間 ということになりますが、
「ドリームキャッスル前」で降りても周りには何もなく、他のバスも
走っていません。したがって、結節地点で 他のバスも乗り入れて
いる 「平良港」 で乗り降りした方が 市街地 への移動もスムーズ
におこなえます。

乗車時間は 片道25分で 運賃 は 片道 380円 です。
佐良浜港 まで行って、1番早いバスで折り返した場合
次のような接続パターンになります。



◆平日
画像


◆休日
画像



平日は、平良港 15:00発17:30発 が 比較的待ち時間少なく
折り返せます。 他は 1時間以上 の 待ち となります。

宮古島の 日の入り時刻 は最も早い 12月頃 で 17:50前後、最も遅い
6月頃 で 19:30前後 なので、17:30発 だと冬の期間 は行き の
途中から暗くなり、帰り は真っ暗となります。
3月〜9月頃 であれば 往復 ともに 景色 を楽しめるでしょう。
また季節や天候によっては 美しいサンセット の眺め も
楽しめそうです。
( ただし、土日祝 は 帰りのバスが無い ので 注意)

土日祝 は、総じて折り返しはスムーズですが、平良港発 15:00 発
は、佐良浜港 での 帰りのバス は 到着 と 同時刻なので
接続は難しいと思われます。その場合は 1時間10分待ち となります。

なお、佐良浜港 のバス停の横にはフェリーターミナルがそのまま
残っており、ターミナル内の売店も営業しています。
したがって、日差しを避け、座ってバスを待つことが可能ですが、
周辺 には 観光スポット などは ほとんどないため、1時間を超える
ような待ち合わせは時間を持て余す感じになると思います。

そんな場合は、バス運賃は高くなりますが、終点の佐和田車庫
方面まで乗っていって、折り返した方がよいかもしれません。
(次項を参照)

伊良部島を横断してみる

せっかく伊良部島まで渡るのだから、少しは伊良部島の雰囲気を
味わいたいという場合は、佐良浜港とは島の反対側にある佐和田
地区まで バスで行ってみるとよいと思います。
終点の「佐和田車庫:までの
乗車時間は 片道 50分で 運賃 は 片道 610円 です。

バスは 佐良浜港 から 佐良浜の集落 を抜けて 島の中央を横断し、
佐和田の集落の中を進み、終点の 共和バス の車庫(営業所)まで
行きます。途中、島ののんびりとした風景の中にいきなり ファミマ
が 現れて ちょっと 驚かされたりもします。

バスの終点 「佐和田車庫」か、1つ手前の 「スーパーみなみ前
で降りると、徒歩5〜6分 で 「 佐和田の浜 」 に出ることが出来ます。
この海岸は 海水浴 も可能ですが、沖に大きな岩が点在する 奇景
(明和の大津波で運ばれてきたといわれています) が 広がり、
眺めるだけでも 価値 はあります。

海岸には 東屋(あずまや) などもあるので ここで 30〜40分
まったり と過ごし、1時間後くらいの 帰りのバス に乗ると
ちょうど良い感じです。

さらに 佐和田の浜 から進めば、下地島に渡ることもできます。
伊良部島下地島 との間は数m〜数10mしかなく、
約3kmに渡って接しているので、その間は 川のようで、6本の橋
が架けられています。これらの橋を渡ってみるのも 楽しいか と
思います。(1本は改修中です)

これ以上は、伊良部島の観光ガイド にまかせるとして、
伊良部島 にはたくさんの見どころがあるので、時間に余裕がある方は
は、帰りのバスの時刻を考えながら、計画を立ててみて下さい。

平良港佐和田車庫佐和田車庫平良港 のバス接続に
ついては、上の 共和バス の時刻表 がそのまま使えますので
そちらを 参照 願います。


宮古空港から大橋への接続について

宮古空港を通る路線バスは、伊良部大橋の完成前から
宮古協栄バスの「 系統6 新里宮国線 」の 一部(平良→空港 3本、
空港→平良 4本)しかなく、この状況は 大橋完成後 も変わって
いません。
さらに これらのバスも 飛行機の 発着時刻 とリンクしている訳
ではありません。

したがって、飛行機で空港に着いて そのまま大橋を渡ってみたり
島を離れる前に 大橋を渡って、そのまま 空港 に向かう
というのは、うまく接続しない場合がほとんどです。

以下に「空港から 平良港 で乗り換えて 伊良部大橋を渡る
場合
」 と 伊良部大橋を渡って 平良港 に到着後に 空港 に
向かう場合
」 の接続パターンを表にまとめてみました。

◇ 空港 から 伊良部大橋
画像

画像


◇ 伊良部大橋 から 空港
画像

画像




伊良部大橋を歩いて渡る方法について

宮古ブルー」 と呼ばれる宮古島の海の美しさは
まさに 絶景 です。特に その透明度
海の綺麗な 沖縄 の中でも トップ と思います。、

そんな美しい海 を (部分的でもよいので) 大橋 の上を歩きながら
眺めてみたい
と思っている人は多いと思います。

しかし、大橋から 最も近いバス停 である 宮古島側の「 ドリーム
キャッスル前 」) から 大橋 までは 約1.3km あります。
伊良部島側 は 佐良浜港 まで停まらず、大橋からは
約3.9km あります。
(※ 下り (宮古島→伊良部島方向) のみ 「みやげ品店
 ふるさと前」 にも停車しますが ここからでも 約 3.6 km

ちなみに 橋を挟む区間 の バス停間距離は 9.1km あって、
バスでも 約20分 かかります。

そもそも、大橋部分 を往復するだけで 7km以上 あるわけで
歩いて渡りたい と考えている人 は それなりの 覚悟 を持っている
と考えれば、バス停間の 9kmちょっと (2時間半くらい ) を歩いて、
帰りは バス ということは 可能 と思っているかもしれません。
ちょっと 強引!

そう考えると、平良市街地 の 市役所付近 から 大橋 までは
約3.3km なので、最寄りバス停からと比べると+2km
となります。 したがって、市街地 から 佐良浜港 まで歩き( 約 11km
バスで戻る (もしくはその逆) という のも 可能かもしれません。
さらに強引!!

ちなみに 橋の最も盛り上がった部分 は宮古島の入り口から
約2.5km の地点にあります。とりあえずそこまで
行けば 眺めも良く、伊良部大橋 を制覇した! という 気分は味わえる
と思います。 この場合、最寄りバス停 からの往復は
1.3+2.5+2.5+1.3 = 7.6 km
ということになります。(市街地からは 片道+2km

また、歩いて大橋を渡って 伊良部島側 に着いた後、 佐良浜港
とは 反対方向 に歩くと、約 5kmで、
沖縄で最も白くてきめ細かい砂浜 と言われている 「 渡口の浜
に行くことができます。(この場合、最寄りバス停からは約 10.5km)
ビーチで楽しんだ後は、約 1km で「 ダキフガー 」の バス停 が
あるので、そこから 宮古島方面 にバスで帰ることが 可能 です。

と、距離はありますが、覚悟を決めれば いろいろと案が
出来てきます。

伊良部大橋 周辺 の バス停や観光スポット までの距離 を 図 に
まとめてみましたので 参考 にしてみてください。

なお、図中の 距離値 は 地図からの読み取ったものなので
かなりの誤差 を含んでいると思われます。
参考程度にしてください。

画像


<注意>
橋の上の 歩道部分 の幅は かなり狭いので暗くなってからの
歩行は とても危険 です。
日没までに 橋を渡り終える ようにしてください。





以上、徒歩や路線バスを使って 伊良部大橋 を渡る方法について
まとめてみました。

長い割には あまり 情報量 は無かった 気がしますが、橋を渡って
みたいという方 の 少しでもお役に立てば幸いです。




※注意※
本ブログは 2015年 8月時点での情報を元にしています。バスの時刻や
運賃などについては変更されている可能がありますので、必ず各社の
ホームページ で最新情報を確認してください。
また、本ブログの誤記等により生じた損害への対応はいたしかねます。
使用者個人の責任において情報利用をお願いします。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バスで渡る伊良部大橋−その2 徒歩で巡る沖縄ぶらり紀行/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる