島唄の風2-やなわらばー

沖縄で活躍するお気に入りのミュージシャンとその曲を紹介する
「島唄の風」、第2弾は今一番のお気に入りの「やなわらばー」
です。

◆やなわらばー                          
 「やなわらばー」は石垣島で生まれ育った幼なじみの女性デュオ
 グループです。ボーカルと三線(さんしん)を担当する石垣優
 (いしがきゆう)と、ボーカルとギターを担当する東里梨生(あい
 ざとりお)の2人は石垣島の八重山高校出身です。
 高校卒業後に大阪の音楽専門学校に入学してからユニットを
 組むようになり、ストリートライブなどの活動をTVで採り上げられて
 メジャーデビューしたそうです。

 「やなわらばー」とは沖縄地方の方言で、「やな」がイヤな、ダメなと
 いう意味で、「わらばー」が子供のことを指していて、つまりは
 「いたずらっ子」や「やんちゃな子」という意味合いなのだそうです。
 私が「やなわらばー」を知ったのはアルバム「歌ぐすい」でですが、
 今までにない新しいスタイルの組み合わせに新鮮さを感じました。
 沖縄民謡とJポップの組み合わせ、サンシン(三線)とアコースティック
 ギターの組み合わせ、そして高音の石垣優と中低音の東里梨生の
 美しいハーモニーの組み合わせ。。。そんないろいろな組み合わせ
 がとても新鮮で爽やかな心地よさを届けてくれる。。そんな感じの
 素敵なユニットです。
 三線とギターが主力というアコースティックでシンプルな音づくり
 ですが、とても自然体な感じで丁寧に魂を込めて曲を作っている
 感じが気に入っています。また三線は使っていますがあまり
 沖縄っぽくない曲作りなのもまたいい感じです。
 最近は全国の幼稚園や保育園でのライブをやったりと、ユニーク
 ですがとても素敵な活動を続けているようです。今後の活躍が
 期待されます。

■「空をこえて 海をこえて」/やなわらばー           
画像 アルバム「歌ぐすい」にはとても素敵な曲が
 たくさん詰まっていてお気に入りですが、
 その中でも一番気に入っているのが
 2005年にシングルリリースもされている
 「空をこえて 海をこえて」です。ゆっくりとした
 テンポの美しいハーモニーは本当に癒され
 ます。詩の内容も良くて特に 「大事な夢とアナタのため 自分を
 なくさないで 歩いてゆこう」というフレーズ。。とても素敵です。




◆「空をこえて 海をこえて」/やなわらばー Youtubeより埋め込み



◆「空をこえて 海をこえて」 Youtubeへの直リンク
http://www.youtube.com/watch?v=JQuxMY_BvMk



◎その他のお勧め曲 youtubeへの直リンク

「いちごいちえ」/やなわらばー

「島人ぬ宝」/やなわらばー

「夢をみた」/やなわらばー



この記事へのコメント