与那国島4-海底遺跡見学

与那国島4日目、今日も朝から曇天 で昼からは雨になりました。今日は 話題の「海底遺跡」を見てきました。 与那国島に行こうと思ったのはこの「海底遺跡」を見てみたかった というのが大きな理由の1つです。ただダイビングはできないので 見ることは無理かと思っていたところ、観光船でも見ることができる らしいという情報を聞いて与…
コメント:0

続きを読むread more

与那国島3-与那国の歴史

与那国島3日目は朝から雨が降ったり 止んだりの天気でした。与那国の冬は こんな感じの日が続くそうです。こんな 天気の日には部屋でのんびりと過ごす のもいい感じです。 さて与那国島の歴史などについてちょっと調べてみました。 与那国島で確認されている最も古い遺跡は、空港の東側あたりに ある「トゥグル浜遺跡」と言われています…
コメント:0

続きを読むread more

与那国島2-与那国西部

与那国島2日目です。天気予報が 当たって朝から曇天で午後には小雨が 降り出しました。こんな時に予報が当た らなくてもいいのに。。 今日は自転車を借りて島の西半分を廻りました。与那国島は竹富島 などの珊瑚が隆起した八重山離島とは違い、大陸から分離してできた 火山性の島なので起伏が激しく、道のほとんどが坂道です。 したがっ…
コメント:0

続きを読むread more

与那国島1-フェリーの旅

日本最西端の島「与那国島」にやって来ました。 与那国島は別名「どなん(渡難)」と呼ばれ かつては渡るのが困難と言われた西の 最果ての孤島です。 ◆行き方◆ 与那国島へは石垣島からフェリーで行く方法と石垣島または那覇 から飛行機で行く方法があります。 フェリー「よなくに」は石垣発が水、土、与那国発が月、木に出て います…
コメント:0

続きを読むread more

島唄の風4-古謝 美佐子

沖縄で活躍するお気に入りのミュージシャンとその曲を紹介する 「島唄の風」、今回はちょっと違う系統で沖縄の「歌姫」ならぬ、 「歌神」と呼ばれている古謝(こじゃ)美佐子です。 ◆古謝 美佐子(こじゃ みさこ)                   古謝美佐子は小さい頃から「神童」と言われて歌手活動を続け、 1990年に初代ネーネ…
コメント:0

続きを読むread more

石垣市営球場-千葉ロッテキャンプ地

沖縄本島から再び石垣島に移動してきました。さっそく沖縄プロ野球 キャンプ地レポート第5弾、千葉ロッテマリーンズの石垣市営球場です。 ◆行き方 石垣市営球場は沖縄県石垣市の石垣中央運動公園内にあります。 運動公園を通るバスはないため、最寄りのバス停から歩いていく 必要があります。最も近いのは空港線の「ショピングプラザ」となり…
コメント:0

続きを読むread more

残波岬

残波岬は沖縄本島中部にある北西に突き 出した岬で、高さ30~40mもある隆起サンゴ礁 の絶壁が約2kmにわたって続く景勝地です。 ◆行き方 残波岬は中頭郡読谷(よみたん)村にあります。岬まで行くバスは 走っていないため、最寄りの読谷バスターミナルから歩いていく必要 があります。那覇バスターミナルから28系「読谷(楚辺…
コメント:0

続きを読むread more

浦添市民球場-ヤクルトキャンプ地

沖縄プロ野球キャンプ地レポート 第4弾は東京ヤクルトスワローズ の春季キャンプ地である浦添市民球場です。 ◆行き方 浦添市民球場は沖縄県浦添市にあります。最寄りのバス停は国道 330線沿いにある「浅野浦」で、那覇バスターミナルからは88系 「宜野湾線」、98系「琉大(バイパス)線、90系「知花(バイパス)線」 などが通っ…
コメント:0

続きを読むread more

座間味(ざまみ)島

沖縄本島の西の東シナ海に浮かび 沖縄屈指の美しい海と言われている慶良間 (けらま)諸島にある「座間味(ざまみ)島」に 行ってみました。 ◆行き方 座間味(ざまみ)島へは那覇市の中心部から近い「泊(とまり)港」 からフェリーと高速船が出ています。 「フェリーざまみ」は一日1往復で所要時間は120分、「高速船 クイーンざ…
コメント:0

続きを読むread more

沖縄のコンビニ事情-946mlの謎

沖縄には思っていた以上にたくさん のコンビニがありとても便利です。 そんなコンビニの謎に迫ります。 (ちょっと大げさ。。) 沖縄のコンビニ件数は、ちょっと古いデータですが2005年 には380件以上あり、現在はもっと増えていると思われます。 しかしその内訳は東京あたりとはちょっと違っています。 まず業界トップで…
コメント:0

続きを読むread more

座喜味城(ざきみじょう)跡

座喜味(ざきみ)城は築城家として名高い 護佐丸(ごさまる)が築いた城で沖縄で最も古い アーチ門を有していることで有名です。 ◆行き方 座喜味城跡は沖縄本島中部、読谷村(よみたんそん)の座喜味(ざきみ) にあります。那覇バスターミナルからは29系「読谷(喜名)線」で約70分 「座喜味」で下車して徒歩約15分です。ただし…
コメント:0

続きを読むread more

宜野湾市立野球場-横浜キャンプ地

沖縄プロ野球キャンプ地レポート 第3弾は横浜ベイスターズの春季 キャンプ地である宜野湾市立野球場です。 ※ 2011年の情報は こちら ◆行き方 宜野湾市立野球場は沖縄県宜野湾市にあります。最寄りのバス停は 「宜野湾市営球場前」で 32系「コンベンションセンター線」で那覇バス ターミナルから約35分で着きます。バスは…
コメント:0

続きを読むread more

知念岬公園

知念岬公園は沖縄本島の南東部にある 知念岬に作られた公園で岬からは 太平洋が広く見渡せる絶好の景勝地 です。 ◆行き方◆ 知念(ちねん)岬公園は南城市にあり斎場御獄(せいふぁーうたき) の近くにあります。那覇バスターミナルから38系「志喜屋線」に乗って 約60分「斎場御獄入口(せーふぁうたきいりぐち)」で降りて、 …
コメント:0

続きを読むread more

中城城(なかぐすくじょう)跡

中城城は名将・護佐丸(ごさまる)が王府の命 により移り住んだ城で戦禍を免れ沖縄で最も 原形を留めていると言われる美しい城です。 ◆行き方◆ 中城城跡は沖縄県中頭郡北中城村にあります。 旭橋の那覇バスターミナルから30系「泡瀬東線」で約60分「久場」 で下車後、徒歩約15分で着きます。バスは20分間隔くらいで走って …
コメント:0

続きを読むread more

沖縄市営球場-広島キャンプ地

沖縄プロ野球キャンプ地レポート 第2弾は広島東洋カープの春季 キャンプ地である沖縄市営球場です。 2011年の情報は こちら ◆行き方 沖縄市営球場は沖縄本島中部の沖縄市にあります。 野球場に最も近いバス停は「沖縄市運動公園前」で球場の目の前 にあります。ここを通るバスは113系「具志川空港線」になります。 この路…
コメント:0

続きを読むread more

島唄の風3-Kiroro

沖縄で活躍するお気に入りのミュージシャンとその曲を紹介する 「島唄の風」、今回は沖縄本島出身のKiroroです。 ◆Kiroro(キロロ)                          Kiroro(キロロ)は沖縄県中頭郡読谷(よみたん)村の出身の女性 デュオです。ボーカルの玉城千春(たましろちはる)とキーボードの 金…
コメント:0

続きを読むread more

北谷公園野球場-中日キャンプ地

沖縄プロ野球キャンプ地レポート第1弾 中日ドラゴンズの春季 キャンプ地である北谷(ちゃたん)公園野球場です。 2011年の情報は こちら ◆行き方 北谷公園野球場は中頭郡北谷町美浜の北谷公園内にあります。 那覇バスターミナルから、20系「名護西線」、28系「読谷(楚辺)線」、 29系「読谷(喜名)線」、120系「名護…
コメント:0

続きを読むread more

勝連城(かつれんぐすく)跡

勝連城(かつれんぐすく)は琉球王国統一 の過程で国王に最期まで抵抗した阿麻和利 (あまわり)が住んでいた城として有名です。 ◆行き方◆ 勝連城跡はうるま市にあります。那覇バスターミナルから52系 「与勝線」で約100分、「勝連団地前」で下車して徒歩約5分です。 バスは1時間に1本程度です。または27系「屋慶名(大謝名…
コメント:0

続きを読むread more

斎場御獄(せーふぁうたき)

斎場御獄(せーふぁうたき)は琉球王国に 存在した聖地の中でも最高の聖地 とされる神聖な場所です。 ◆行き方◆ 斎場御獄は南城市にあります。 那覇バスターミナルから38系「志喜屋線」に乗って約60分 「斎場御獄入口(せーふぁうたきいりぐち)」で降ります。 降りたところに知念郵便局がありますので、その脇の道 を登って…
コメント:0

続きを読むread more

八重岳桜まつり

沖縄本島の北部にある八重岳の日本一 早い桜まつりに行ってきました。 ◆行き方◆ 八重岳は沖縄県国頭郡本部(もとぶ)町にあります。 名護バスターミナルから70系「備瀬線」で約35分の「八重岳入口」 で下車し、山へ向かう道を登っていくと約30分でイベント会場のある 「桜の森公園」に着きます。八重岳の山頂はここからさら…
コメント:0

続きを読むread more