万座毛(まんざもう)

画像万座毛(まんざもう)は沖縄本島中部の
東シナ海に面した景勝地で象の鼻の
ような形をした奇妙な岩で有名です。



◆行き方
万座毛(まんざもう)は沖縄県国頭郡恩納(おんな)村にあります。
那覇バスターミナルから20系「名護西線」または120系「名護西
空港線」に乗って約100分、「恩納村役場前」で下車して徒歩
15分程度です。バスはおよそ30分間隔で走っています。20系は
那覇バスターミナル始発、120系は那覇空港始発ですが那覇
バスターミナルも経由します。



「万座毛(まんざもう)」という観光名所の名前は以前から知って
いましたが、ずっと「まんざげ」と思っていました。この変わった名前
の由来は、琉球王朝時代の第12代国王であった尚敬王(しょうけい
おう)が18世紀前半にこの地を訪れた際、緑の広がる美しい野原を
見て「万人を座するに足る毛」と称賛したところから付いた言われて
います。毛(もう)というのは沖縄の言葉で「原野」や「原っぱ」という
意味があるそうです。
「万座毛」というとゾウの鼻の形をした岩の写真が必ず出てきて、
この岩のことを指していると思われがちですが、実際にはその名
の由来のとおりに「原野」一帯のことを指しています。
18世紀頃の琉球は争いも少なく安定していたので、国王は庶民の
暮らしを見てまわる領土巡視の旅を頻繁におこなっていたようです。
本土での「水戸黄門」みたいなもんでしょうか??


■広がる草原
 「恩納村役場前」でバスを降りて約15分で「万座毛」に着きます。
 お土産屋が立ち並んでいる駐車場を抜けて奥に進むと急に視界
 が開けて広い草原が目に飛び込んできます。周りは蒼い海に
 囲まれた美しい風景が広がっていて、まさに「万人を座するに
 足る毛」という眺めです。この草原の周囲に遊歩道が整備されて
 いて絶壁からの眺めや数々の奇岩を見て廻ることができるように
 なっています。
画像


■ゾウの鼻のような形をした岩
 草原に入ってすぐのところにゾウの鼻のような形をした岩が
 あります。万座毛といえば「これ!」というくらい有名な眺めです。
 この岩は南西方向にあるので晴れた午後には逆光になって
 しまい、海からの反射も加わって目でみるのも大変な感じです。
 この眺めをきれいに撮りたい場合は午前中がお勧めです。
画像


■奇岩
 「ゾウの鼻」以外にもいろいろな形をした奇岩があります。
画像


■断崖絶壁
 遊歩道は断崖絶壁の上にあって真下をみるととても怖い感じです。
 30m以上の高さはありそうです。この絶壁では沖縄戦の際に、
 上陸してlきた米兵から逃れるためにこの岬に追い込まれた多くの
 民間人が海に飛び込んで亡くなっていったという悲しい話もあります。
 確かに落ちたらひとたまりも無い感じの断崖です。
画像


■万座ビーチとリゾートホテル
 万座毛の北東方向には海の向こうに万座ビーチとリゾートホテル
 が見えます。白いホテルの建物と白い砂浜が鮮やかに輝いて
 います。万座ビーチといえば「沖縄のビーチ」と聞かれてまず名前
 が出てくるくらいに有名なビーチです。
画像


■遊歩道
 岬の中央部分は草原が広がっていますが、遊歩道のある辺りは
 ごつごつとした岩場になっているので、舗装された道からはずれる
 と歩きずらい感じです。とは言っても、この岩の向こうは断崖絶壁
 になっていてロープなどもなくて危険なので、舗装道から外れない
 で歩くのが無難なのではありますが。。
画像


■夫婦岩
 万座ビーチよりさらに東方向の海には小さな2つの岩が並んで
 いて「しめ縄」で結ばれています。この岩は「夫婦岩」と呼ばれて
 いるそうです。なんとなく伊勢の二見浦で見た「夫婦岩」を思い
 出させます。「夫婦岩」の左上に見えるのが万座ビーチでここ
 からはかなりの距離がありそうですが、右上に見える「恩納
 (おんな)村営ビーチ」は歩いていけそうな感じの距離なので
 行ってみることにしました。
画像


■恩納村営ビーチ1-手招きシーサー
 一旦「恩納村役場前」のバス停近くまで戻ってから名護方向に
 10分ほど歩くと 「恩納村営ビーチ」があります。ビーチの入り口
 には「招き猫」ならぬ「招きシーサー」がいて出迎えてくれます。
 なぜか思わず笑ってしまう雰囲気のあるおもしろいシーサーです。
画像


■恩納村営ビーチ2-海岸線
 シーサーの横を通り過ぎると、眩しく輝く美しいビーチが待って
 いました。美しいカーブを描く海岸線と白い砂浜が眩しいとても
 きれいなビーチです。
画像

 
■恩納村営ビーチ3-万座ビーチ方向 
 近くに万座ビーチのリゾートホテルが見えて、横にはちょっと
 だけ万座ビーチが見えています。万座ビーチは沖縄を代表する
 有名なビーチですが、この村営ビーチも負けてはいない感じの
 とても美しいビーチと感じました。
画像


■恩納村営ビーチ4-万座毛方向
 すぐ目の前に夫婦岩がありますが、横からの眺めなので間の
 綱は見えませんでした。そしてその左に見えている断崖絶壁が
 さっきまでいた「万座毛」です。こうしてみると本当にとても高い
 断崖絶壁の上にあることがわかります。
画像


■恩納村営ビーチ5-白い砂
 それにしても真っ白で細かな砂です。そして透明な海の水は
 淡いエメラルドグリーンのグラディエーションをみごとに創り出して
 います。
画像

 

万座毛
画像

この記事へのコメント