島唄の風8-石嶺聡子

沖縄で活躍するお気に入りのミュージシャンとその曲を紹介する
「島唄の風」、今回は石嶺 聡子です。

◆石嶺 聡子(いしみねさとこ)                  
石嶺聡子は沖縄県那覇市出身です。1992年県立首里高校2年に
在学中に出場した「長崎歌謡祭」でグランプリを受賞して注目され、
94年に「土曜日とペンと腕時計/風を感じたい」でデビューしました。
さらに95年には「NHK新人歌謡コンテスト」でグランプリを受賞し、
3rdシングルである「花」が大ヒットしてNHK紅白歌合戦に初出場
しています。「花」は50万枚も売れたそうです。

彼女の歌は1stアルバム「INNOCENT」が出た頃からよく聴いていま
したが何といってもその歌のうまさが魅力です。「花」が大ヒットして
しまったため、どうしてもバラード調の曲を切々と歌い上げるイメージが
強いのですが、アップテンポな曲を軽快に歌いこなす抜群の歌唱力が
彼女の本当の魅力のような気がしています。
最近はアルバムも出しておらず、メディアに登場することもほとんど
ありませんが、調べてみたら音楽活動は続けているようで、ローカル
なライブ活動などを地道に進めていてブログなどもやっているようです。
久しぶりに彼女の名前や歌を聴いてとても懐かしく、うれしい気持ち
になってしまいました。

■私がいる/石嶺聡子                    
画像 石嶺聡子といえばやっぱり「花」でしょうが
 あえて別の曲を。。この「私がいる」は「花」が
 売れる前に発売され、1stアルバムにも入って
 いる曲です。作詞/作曲は尾崎亜美が担当して
 いて、いかにも尾崎亜美とわかる曲調で1990年
 代の香りがプンプンする曲なのですが、こういう曲
 を歌わせると彼女の歌のうまさが光ります。
 「花」でのイメージが強いために「沖縄調の歌」の歌い手という
 イメージがありますが、実際には「花」以外はほとんど沖縄風
 ではなくて、ポップでアップテンポな曲が多く、それがまた彼女
 の魅力でもあります。




◆「私がいる」/石嶺聡子  youtubeより埋め込み


◆「私がいる」/石嶺聡子 youtubeへの直リンク
http://www.youtube.com/watch?v=j_BrAgf7k9Q



◎その他のお勧め曲

「花」/石嶺聡子




この記事へのコメント