底地(すくじ)ビーチ+川平湾

画像底地(すくじ)ビーチは川平湾の北西に
ある白い砂浜が美しいビーチで日本一
早い海開きで有名です。



◆行き方
底地(すくじ)ビーチは石垣島北西部の石垣市川平にあります。
バスターミナルから東バス「川平リゾート線」で約70分、終点の
「シーマンズクラブ」で下車すれば徒歩3分でビーチに着きます。

その他の川平方面にいく路線(「米原キャンプ場線」、「西一周線」、
「伊原間線」など)は川平で折り返してしまうため、底地ビーチまで
は行きません。川平湾からは2kmちょっとなので歩くことも可能で
徒歩で30分程度です。

※ 追記: 底地ビーチにある「シーマンズクラブ」が閉館となったため、
  2012年 12月より 「川平リゾート線」の底地ビーチへの経由 は
  なくなり、川平から歩くしかなくなりました。詳細は、
  「バスで巡る石垣島1」を参照ください。



底地ビーチは日本一早い海開きで有名で今年はまもなくの3月20日
だそうです。3月20日頃といえば本土ではそろそろ暖かくなってきて
はいますがまだコートやマフラーが手放せない季節ですから、日本列島
は広いということを改めて痛感させられます。といっても今日は天気も
よくて日中は26.5度もあり「もう海開きしてもよいのでは。。」と思わせる
陽気でした。

今日は天気が良かったので「川平」から歩いて「底地ビーチ」まで
往復してみました。途中の道は快適でしたが日差しがとても強くて
クラクラとしました。沖縄を訪れた1月頃の日差しとは明らかに違って
いて春の訪れを確かに感じます。日焼け止め対策をちゃんとしないと
大変なことになりそうな陽の強さです。



■名蔵湾の眺め
 川平リゾート線は途中、名蔵湾沿いを走るので川平に着く前にも
 とても美しい景色を堪能することができます。バス車内から撮った
 名蔵湾です。
画像


■赤イロ目宮鳥御嶽(うたき)
 「川平」のバス停から底地ビーチ方向に向かってすぐのところに
 ある川平ロータリーの角には「赤イロ目宮鳥御嶽(うたき)」が
 あります。御嶽(うたき)というのは琉球における神の宿る聖域で
 あり信仰の場です。沖縄各地にはたくさんの御嶽が点在しています
 が、ここ川平周辺も御嶽が数多く残っている場所だそうで今でも
 伝統的な祭祀(さいし)が執り行われているそうです。どの御嶽の
 入り口にも「意味無く立ち入らないこと」という立て札が立っています。
画像


■川平貝塚
 川平湾と底地ビーチの中間あたりには小さな丘のように土の盛り
 上がった「川平貝塚」があります。川平貝塚は1904年に発掘調査
 遺跡で15~16世紀頃の土器や中国の陶磁器などが発見されて
 いるそうです。
画像


■山川御嶽(うたき)
 川平貝塚と道路を挟んだ向かいには山川御嶽(があります。山川
 御嶽は後ろにそびえている山の神を祈る拝所だったと考えられて
 います。ここにも立ち入り禁止の立て札がありました。
画像


■群星御嶽(うたき)
 川平貝塚の所にある脇に入る小道を進むと「群星御嶽」が
 あります。ここはけっこう広い御嶽で、五穀豊穣を神に感謝する
 川平のお祭りの会場となる場所だそうです。普段は入ることが
 できない神聖な場所です。
画像


■田舎道
 底地ビーチへ向かう道は幅広い舗装道路ですが、脇道に入ると
 のどかな田園風景が広がります。ただ日差しが強くて緑が眩し
 すぎてちょっとクラクラします。
画像


■底地ビーチ入り口
 そしてビーチの入り口に着きました。林の向こうに海が見えます。
画像


■底地ビーチ1
 林を抜けるとエメラルドグリーンに輝く海が遠くに見える美しい遠浅
 のビーチが目に飛び込んできました。息をのむ美しさです。近くの
 川平湾も美しい海ですが、また違った美しさです。そして川平湾は
 流れが速くて遊泳禁止ですが、ここは遠浅の穏やかな海が広がって
 いて泳げることが最大の魅力です。夏の海水浴シーズンにはたくさん
 の人で賑わうそうです。まだ海開き前なのでほとんど人はいませんが
 海をゆっくり眺めるには最高の季節です。
画像


■底地ビーチ2
 ビーチの南方向の眺めです。美しい弧を描く海岸線が広がって
 います。
画像


■底地ビーチ3
 ビーチから正面の西方向の眺めです。しかし何という遠浅の海で
 しょう。足首くらいまでの浅い海がずっと続いています。沖の碧い海
 に向かっての青のグラディエーションがみごとです。
画像


■底地ビーチ4
 沖には何艘かの舟が出ていて作業をおこなっていました。砂浜に
 いた人の話によると海開きに向け沖の海底の危険物などの除去
 作業をおこなっているのだそうです。舟のあるあたりまで歩いて
 いけるようです。
画像


■底地ビーチ5
 ビーチの北方向には石崎が見えます。岬に向けても白い砂浜が
 続いているようです。
画像


■マングローブ
 ビーチの入り口近くには小さいですがマングローブの林があります。
画像


■川平のバス停
 そして川平湾まで戻ってきました。
画像


■川平湾1
 川平湾はいつ来ても美しい風景が広がり、何度見ても飽きること
 はありません。前に来た時よりもグラスボートの数が増えていて、
 観光客が増えてきていることが判ります。石垣島では3月に入って
 卒業や春休みで休みに入った学生が格段に増えてきました。
画像


■川平湾2
 では川平湾の美しい風景を何枚か。。。今回はグラスボート乗り場
 からちょっと離れた場所まで砂浜を歩いてみました。ここまで来る人
 はほとんどいなくて静かな絶好の安らぎスポットでした。
画像


■川平湾3
画像


■川平湾4
画像


■川平湾5
画像


■川平湾6
画像


■川平湾7
画像


■川平湾8
画像


■川平湾9
画像



底地ビーチ
画像


この記事へのコメント