石垣空港へのバスアクセス2

画像石垣空港への路線バスの乗り入れ状況について改めてまとめ直してみました。





2018年3月時点で見直しをかけました。

2013年3月の 新石垣空港[愛称:南 (ぱい)ぬ島 石垣空港] の開港に伴い、石垣島への観光客も急増し、多くのバスが空港へ乗り入れるようになりました。
本ブログでは
新石垣空港へのバスアクセスについて
でその状況についてお知らせしていましたが、記述がごちゃごちゃしてしまったので、改めて現在の状況をまとめ直してみたいと思います。これまでの経緯などについては 前記事の方を参照ください。


路線バス概要

空港に乗り入れているバス会社

石垣空港には、
☑ 東(あずま)運輸株式会社 (東バス)
☑ 有限会社 カリー観光

の2社が乗り入れています。
東バスは古くから石垣島で路線バスを走らせている老舗のバス会社です。
一方のカリー観光は2015年6月に新規参入したバス会社で、空港と離島ターミナル(石垣港)を結ぶ直行バスのみを運行しています。

バス会社や時刻などの最新情報については 各社のホームページを参照ください。
東バスのページ
カリー観光のページ

バスの路線図

石垣空港を通るバスの路線図です。(2018年1月版)
画像


→ この PDFファイル は こちら

空港を通るバスは大きく3方向に分かれます。

(1)石垣市街方向

多くの宿泊ホテルが集中し、石垣港(離島ターミナル)や公設市場などがある石垣市の市街地と空港とを結ぶバスです。空港を通るバスのほとんどがこのバスです。
この区間は東バスカリー観光 が競合しているため、供給過剰と言えるほどのたくさんのバスが走っています。何と日中は2社合わせると1時間に6往復もあります。空港を発着する飛行機の便数を考えれば 完全な過剰状態 です。
<東バス>
・系統4 空港線(29往復)
・系統10 空港線(27往復)
・系統2,3 一周線(1.5往復)
・系統5,6 平野線(3往復)
<カリー観光>
・系統55 空港-港 直行バス(21往復)

(2)川平方向

石垣島最大の景勝地である川平湾空港とを結ぶバスです。
石垣島に到着した直後や帰る前に川平湾を観光することが容易になりました。
ただ1日2往復しかないので、時間が合わない場合は バスターミナル経由 で川平湾を目指す方が早い場合もあります。
<東バス>
・系統9 米原キャンプ場線(2往復)

(3)北部の伊原間、平野方向

玉取崎平久保崎 などの景勝地がある島の北部方向に向かうバスです。
これらのバスは市街地にある「バスターミナル」と島の北部を結んでおり、途中に石垣空港を経由する形で運行されています。また、一周線 を使えば伊原間(いばるま)経由で 川平方面に乗り換えなしで行くこともできます。ただし時間はかかります。
<東バス>
・系統2 西廻り一周線(2本/片方向)
・系統3 東廻り一周線(1本/片方向)
・系統5 平野経由伊原間線(1往復)
・系統6 平野線(2往復)


(参考)石垣島全体路線図(2018年1月版)

画像


→このPDFファイルは こちら

※ 路線バスを使った石垣島の観光については、
☞ 「バスで巡る石垣島1
☞ 「バスで巡る石垣島2
にまとめていますので参照ください。



バス時刻表


石垣空港発の時刻表

石垣空港発のバス時刻表です。

石垣市街方面行

画像



川平方面、北部方面行

画像



石垣空港行の時刻表

主なバス停の石垣空港行のバス時刻表です。
<補足>
2018年1月より系統10空港線の準急便(ANA~空港間ノンストップ)はなくなり、すべて普通便(各バス停に停車)になりました。
2018年1月より系統4、系統10の途中のバス停の時刻の見直しがおこなわれました。BT発、空港発の時刻は変更ありません。
2018年3月より系統4空港線の上り第1便の時刻が変更になりました。

<バスターミナル発>
画像


<離島ターミナル(石垣港)発>
画像


<川平公園発>
画像




運賃について

市街地方向

空港と離島ターミナルとの間は2社が競合していることもあり 往復チケットによる割引 があります。往復チケットはカリー観光の方が100円安くなります。
◆往復チケット
<カリー観光>
空港-離島ターミナル間 有効
・往復:900円(片道:500円)
<東バス>
空港-離島ターミナル、バスターミナル間 有効
・往復:1,000円(片道:540円)

この往復割引は 離島ターミナル(またはバスターミナル)空港 との間のみで、他バス停との間の割引き制度はありません。他の主要バス停への片道運賃を以下にまとめておきます。
<4系10系共通>
・白保210円 ・宮良270円 ・大浜390円 ・支庁前430円
<4系のみ>
・サンエー前470円 ・平得470円 ・博物館前540円
<10系のみ>
・ANAリゾートホテル450円 ・アートホテル(旧日航八重山)530円 ・中央運動公園入口 490円 ・みんさー工芸館前 490円

川平方向

<9系>
・川平(公園前)810円 ・クラブメッド900円 ・シーサイドホテル860円 ・ヤシ林入口510円 ・米原530円

北部方向

<2、3、5、6系>
・玉取540円 ・伊原間600円
<5、6系>
・明石730円 ・平野990円
以下は一周線で川平方面に行った場合
<2、3系>
・川平(公園前)1,300円 ・ヤシ林入口1,000円 ・米原1,000円

※ なお、東バスには1日フリーパス (1,000円)があるので 実質の最大運賃は 1,000円 ということになります。(往復での利用を考えれば片道500円)



比較

空港-市街地 間は東バス と カリー観光 が競合しているため、利用者争奪戦が行われており、 どちらに乗ったらいいのか? 迷うところです。また、往復チケットを購入した方がお得なのか? も考えてしまうところです。これらの点をポイントにちょっと比較してみたいと思います。

(1) 行先
カリー観光は離島ターミナルのみ停車のため、他のバス停を利用したい場合は東バスのみの選択となります。
ただ 離島ターミナルは市街地の中心部にあり、東バスの起終点であるバスターミナルから歩いて3~4分の距離にあります。したがって、バスターミナル の利用を考えている場合は離島ターミナルを利用してもあまり変わりません。

(2) 運賃
石垣島の観光において空港と市街地との間の往復しかバスを使わないのであれば、往復チケットを買った方がお得です。
離島ターミナルと空港との間では2社とも往復割引がありますが、カリー観光の方が100円安く なります。片道利用でも 40円安く なります。

(3) 運行間隔
東バスは15分間隔(2系統がそれぞれ30分間隔)、カリー観光は30分間隔です。30分間隔で走っていれば十分と思いますが、カリー観光は早朝や夜間の運行はないので注意が必要です。
<空港発> 始バス9:10発 終バス19:10発
<離島ターミナル発> 始バス8:20発 終バス18:20発

なお、東バスも20時以降は離島ターミナルへの乗り入れは行わない ので注意が必要です。

(4) 所要時間
離島ターミナルまでの所要時間は、カリー観光は30分、東バスは4系が32分、10系が38分です。
これまでカリー観光の方が速かったのですが、2017年8月の東バス時刻改正により、系統4をカリー観光と同じ30分に短縮しました。しかし、ちょっと無理があったようで、2018年1月の改正で32分 に戻しています。
なお、10系の準急便(ANA~空港間はノンストップ)は2018年1月から無くなり、すべて普通便になりました。


(5) バスの仕様
カリー観光のバスはトランクルームが付いており、大きな荷物は車内まで持ち込む必要がないのでとても楽です。
一方の東バスにはトランクルームは付いていないので、大きい荷物も車内に持ち込む必要があります。ただ、低床バスなので持ち込みはあまり大変ではありません。また、車内の(使われていない)中扉あたりに荷物を置くスペースを設けてあり、そこに置けば他の乗降客に迷惑をかけることはあまりありません。

(6) 往復チケットとフリーパス
往復割引以外の割引として、東バスには 1日フリーパス(1,000円)5日間フリーパス(2,000円) があります。文字通り、 東バスの全線(空港線を含む)が1日間または5日間乗り放題 となるパスです。フリーパスは乗車時に車内で購入することができます。カリー観光のバスには使えません。
例えば、行きか帰りの日に市街地-空港間以外で路線バスを利用するのであれば 1日フリーパス を利用した方がトータルとして安くなる場合が多くあります。

例)
到着日に市街地から川平を観光する場合、往復チケットを購入してしまうと、川平への往復にさらに1日パスを購入する必要があるため、
☐ 往復券(1,000)+1日パス(1,000) = 2,000円
かかりますが、最初に1日パスを買えば、
☐ 1日パス(1,000) + 帰りの片道運賃(540)= 1,540円
となります。帰りの日に川平を観光する場合も同じです。
唐人墓(片道310円)まで行く場合でも1日パスの方が安くなります。

さらには 5日以内の観光で 路線バスでの島内観光を予定しているのであれば、最初に 5日間フリーパス(2,000円) を購入してしまえば、空港への往復を含めてすべてのバス運賃が 2,000円で済むことになります。
ちなみに市街地から川平まで行く場合、片道720円です。

したがって、路線バスでの観光を考えている場合は、安易に往復チケットを購入してしまわず、フリーパスの利用も考えた方がよいでしょう。

★まとめ★
以上のようにどちらも一長一短ありますから どの点を優先するか で考えられるのがよいと思います。ポイントしては以下になると思います。

☞ 離島ターミナル以外で乗降するか?特に帰りの乗車場所。
☞ 市街地との往復以外で路線バスを利用する予定があるか?
☞ 到着/出発日以外で路線バスを利用する予定があるか?
☞ 途中でのバス停停車や乗り降りする客が気になるか?







<注意>
本ブログ上の間違い、誤記などによって発生した損害への対応はいたしかねます。
個人の責任において利用願います。



この記事へのコメント