テーマ:世界遺産

座喜味城(ざきみじょう)跡

座喜味(ざきみ)城は築城家として名高い 護佐丸(ごさまる)が築いた城で沖縄で最も古い アーチ門を有していることで有名です。 ◆行き方 座喜味城跡は沖縄本島中部、読谷村(よみたんそん)の座喜味(ざきみ) にあります。那覇バスターミナルからは29系「読谷(喜名)線」で約70分 「座喜味」で下車して徒歩約15分です。ただし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中城城(なかぐすくじょう)跡

中城城は名将・護佐丸(ごさまる)が王府の命 により移り住んだ城で戦禍を免れ沖縄で最も 原形を留めていると言われる美しい城です。 ◆行き方◆ 中城城跡は沖縄県中頭郡北中城村にあります。 旭橋の那覇バスターミナルから30系「泡瀬東線」で約60分「久場」 で下車後、徒歩約15分で着きます。バスは20分間隔くらいで走って …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝連城(かつれんぐすく)跡

勝連城(かつれんぐすく)は琉球王国統一 の過程で国王に最期まで抵抗した阿麻和利 (あまわり)が住んでいた城として有名です。 ◆行き方◆ 勝連城跡はうるま市にあります。那覇バスターミナルから52系 「与勝線」で約100分、「勝連団地前」で下車して徒歩約5分です。 バスは1時間に1本程度です。または27系「屋慶名(大謝名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

斎場御獄(せーふぁうたき)

斎場御獄(せーふぁうたき)は琉球王国に 存在した聖地の中でも最高の聖地 とされる神聖な場所です。 ◆行き方◆ 斎場御獄は南城市にあります。 那覇バスターミナルから38系「志喜屋線」に乗って約60分 「斎場御獄入口(せーふぁうたきいりぐち)」で降ります。 降りたところに知念郵便局がありますので、その脇の道 を登って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉陵(たまうどぅん)

玉陵(たまうどぅん)は琉球王国の 第二尚氏王統と呼ばれる時代の 歴代国王が葬られている陵墓です。 ◆行き方◆ 玉陵は首里城のすぐ近くにあります。したがって行き方としては、 首里城への行き方と同じとなります。 「首里城」のブログ を参考 にしてください。 首里駅からみると首里城のさらに先の位置にありますので、首里駅 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

識名園(しきなえん)

識名園(しきなえん)は琉球王国時代の 18世紀後半につくられた琉球王家最大 の別荘です。 ◆行き方◆ 識名園は那覇市内にありますがモノレールからは少し離れた場所 にあり路線バスを使う方が便利です。 2系「識名開南線」、3系「松川新都心線」、5系「識名牧志線」の 3系統が最寄バス停である「識名園前」を通ります。「識名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今帰仁城(なきじんぐすく)跡

今帰仁城(なきじんぐすく)跡に行って きました。今帰仁城は本部半島の北側にあり 美ら海水族館と古宇利島の中間あたりに位置 しています。 ◆行き方◆ 今帰仁城(なきじんぐすく)は国頭郡今帰仁村にあります。名護バス ターミナルから左廻り循環線の66系「本部半島(今帰仁廻り)線」 で約45分、反対の右廻り循環線65系「本部半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

首里(しゅり)城

まずは沖縄観光スポットの定番である 「首里(しゅり)城」に行ってきました。 首里城は琉球王国を象徴する城です。 ◆行き方◆ 首里城は那覇市首里金城町にあります。モノレール(ゆいレール) の終点、首里駅から徒歩15分くらいで城の入り口である守礼門 に着くことができます。首里駅前からさらにバスに乗って「首里城 公園入口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more