テーマ:離島

波照間島(その2)

八重山諸島にある波照間島は 日本最南端にある有人島です。 「ハテルマブルー」と呼ばれる独特の 青い輝きを持った美しい海が魅力の 素朴な島です。(その2) (その1)からの続き。。 ■高那崎  途中、案内板などはほとんど無くて、ちょっと迷いそうになり  ましたが、何とか「日本最南端の碑」があるに高那崎に着き …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波照間島(その1)

八重山諸島にある波照間島は 日本最南端にある有人島です。 「ハテルマブルー」と呼ばれる独特の 青い輝きを持った美しい海が魅力の 素朴な島です。 ◆行き方 波照間島へは、現在「安栄観光」のみが高速船と貨客船(フェリー) を運航しています。 高速船は 夏季4往復、冬季3往復(いずれもそのうち1往復は大原港 経由)で所要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池間島

宮古島の北西に浮かぶ「池間島」は、 宮古島との間に架かる「池間大橋」で 有名ですが、島の周囲には小さくて 名前も知られていないけれど、とても 美しいビーチが数多く存在する素敵な 島です。 ◆行き方 池間島への路線バスは宮古島の平良から八千代バスが運行 しています。1日7往復(土日は6往復)とバスの本数が少ない 宮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊江島

島のほぼ中央にそびえるタッチュー (城山)がとても印象的な伊江島に 行ってみました。 ◆行き方 伊江島は沖縄本島の北西部に突き出した本部(もとぶ)半島の 北西約9kmの沖合にあります。沖縄本島の本部港と伊江港の間 をつなぐフェリーが1日4往復(夏期は5往復)運航しています。 所要時間は30分です。 本部港まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒島

牛の数が人口の10倍以上という 牛の島「黒島」は、のどかで広大な 牧場が広がり、ゆったりとした空気 が流れている癒しの島です。 ◆行き方 黒島は八重山諸島の沖縄県八重山郡竹富町に属する島の 1つです。竹富町と聞くと「竹富島」をイメージしてしまいますが、 八重山諸島のうち、石垣島と与那国島以外の島は八重山郡 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿嘉(あか)島

2月に慶良間諸島の「座間味島」 を訪れた際に経由した美しい橋のある 「阿嘉(あか)島」。今度は降り立って 散策してみました。 ◆行き方 阿嘉(あか)島へは泊港からフェリーと高速船が出ています。 「フェリーざまみ」は一日1往復で所要時間は90分、「高速船 クイーンざまみ」は一日2往復で所要時間は50分~70分です。 い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡嘉敷(とかしき)島

沖縄本島の西に点在する慶良間諸島で 一番大きな渡嘉敷(とかしき)島に行って きました。 ◆行き方 渡嘉敷島へは沖縄本島の那覇中心部に近い泊港「とまりん」から フェリーと高速船が出ています。「フェリーけらま」は一日1往復で 約70分、「高速船マリンライナーとかしき」は1日2往復で約35分 で着くことができます。「とま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊良部島/下地島

伊良部(いらぶ)島は宮古島の北西約5km に浮かぶ島で宮古島からは高速船で10分ちょっと で行くことができます。また伊良部島の西側には 下地(しもじ)島が隣接して6つに橋で繋がって います。この2つの島を訪ねてみました。 ◆行き方 伊良部島への船は、宮古島の平良港から「宮古フェリー」と「はやて 海運」の2社が運航してし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

来間(くりま)島

来間(くりま)島は宮古島の南西1.5kmに 浮かぶ小さな島で1995年に完成した 「来間大橋」によって宮古島と繋がって います。 ◆行き方 来間島へは協栄バスの「与那覇・嘉手苅(かでかり)線」の一部が 乗り入れています。バス停名は「来間(くりま)」で島の集落の中に あります。ただし来間島を経由するバスは1日2本しかない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

池間大橋(池間島)

宮古島2日目は曇りで時々小雨が降る あいにくの天気でした。宮古島の北西に ある池間島にかかる池間大橋に 出かけてみました。 ◆行き方 池間島に行くバスとしては八千代バスの「池間一周線」があります。 宮古島には「八千代バス」と『協栄バス」の2つの路線バス会社が あります。八千代バスはこの「池間一周線」のみを走らせています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

由布(ゆぶ)島

水牛車で有名な由布(ゆぶ)島は西表 (いりおもて)島に隣接する小さな島で 干潮時には西表島から歩いても渡る こともできます。 ◆行き方 西表島には大原港と上原港の2つの港があります。上原港は冬の 季節風や夏の台風のシーズンには欠航が多く、また便数も少ない ので石垣島からは大原港経由で由布島に向かう方法がお勧めです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小浜島

朝の連続ドラマ小説「ちゅらさん」の 舞台で一躍有名になった「小浜島」に行って きました。あいにくの曇りでしたが美しい海に 囲まれた素朴な風景を満喫しました。 ◆行き方 石垣島と小浜島との間の高速船は3社が運行しています。八重山 観光フェリーと安栄観光が一日10往復、石垣ドリーム観光が一日 8往復です。所要時間はおよそ2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島6-フガラッサ!そして石垣島へ

フガラッサ!与那国島を離れ飛行機で 石垣島に戻ってきました。「フガラッサ」は 「ありがとう」という意味の与那国方言です。 与那国島は本日も小雨でした。 それにしても与那国には独特の雰囲気がありました。うまく表現 できませんが、ゆったりとした静かで穏やかな時間と空間です。 もちろんこの島は車が少なくて静かで、遠くに波の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島5-与那国いろいろ

与那国島5日目、今日も与那国は 小雨がぱらつく天気でした。 いよいよ明日は石垣島に戻ります。結局到着した日は快晴で夏の ような暑さでしたが、それ以降は曇天か雨模様が続きました。 ただ気温は高めで最高気温は24度くらい夜も20度近くあるので 寒さはまったく感じませんでした。与那国の冬はこんな感じなのだ そうなので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島4-海底遺跡見学

与那国島4日目、今日も朝から曇天 で昼からは雨になりました。今日は 話題の「海底遺跡」を見てきました。 与那国島に行こうと思ったのはこの「海底遺跡」を見てみたかった というのが大きな理由の1つです。ただダイビングはできないので 見ることは無理かと思っていたところ、観光船でも見ることができる らしいという情報を聞いて与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島3-与那国の歴史

与那国島3日目は朝から雨が降ったり 止んだりの天気でした。与那国の冬は こんな感じの日が続くそうです。こんな 天気の日には部屋でのんびりと過ごす のもいい感じです。 さて与那国島の歴史などについてちょっと調べてみました。 与那国島で確認されている最も古い遺跡は、空港の東側あたりに ある「トゥグル浜遺跡」と言われています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島2-与那国西部

与那国島2日目です。天気予報が 当たって朝から曇天で午後には小雨が 降り出しました。こんな時に予報が当た らなくてもいいのに。。 今日は自転車を借りて島の西半分を廻りました。与那国島は竹富島 などの珊瑚が隆起した八重山離島とは違い、大陸から分離してできた 火山性の島なので起伏が激しく、道のほとんどが坂道です。 したがっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島1-フェリーの旅

日本最西端の島「与那国島」にやって来ました。 与那国島は別名「どなん(渡難)」と呼ばれ かつては渡るのが困難と言われた西の 最果ての孤島です。 ◆行き方◆ 与那国島へは石垣島からフェリーで行く方法と石垣島または那覇 から飛行機で行く方法があります。 フェリー「よなくに」は石垣発が水、土、与那国発が月、木に出て います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座間味(ざまみ)島

沖縄本島の西の東シナ海に浮かび 沖縄屈指の美しい海と言われている慶良間 (けらま)諸島にある「座間味(ざまみ)島」に 行ってみました。 ◆行き方 座間味(ざまみ)島へは那覇市の中心部から近い「泊(とまり)港」 からフェリーと高速船が出ています。 「フェリーざまみ」は一日1往復で所要時間は120分、「高速船 クイーンざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹富島

石垣島から高速船で10分で行ける 「竹富島」は古き沖縄の風情を感じさせるような独特の 雰囲気を持った島です。 ◆行き方◆ 竹富島は石垣港離島ターミナルから高速船に乗って約10分で 着くことができます。高速船は「八重山観光フェリー」、「安栄観光」、 「石垣島ドリーム観光」の3社が運航しています。「八重山観光」と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古宇利(こうり)島

海のきれいな古宇利島(古宇利大橋)まで 出かけました。2005年2月に古宇利大橋が 完成して沖縄本島と繋がった古宇利島は エメラルドグリーンに輝く海に囲まれた美しい 島です。 ◆行き方◆ 古宇利(こうり)島は国頭郡今帰仁(なきじん)村にあります。島まで 行く路線バスは無いため、橋の手前の屋我地島までバスで行って、 あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more