テーマ:八重山諸島

石垣空港へのバスアクセス2

石垣空港への路線バスの乗り入れ状況について改めてまとめ直してみました。 2018年3月時点で見直しをかけました。 2013年3月の 新石垣空港[愛称:南 (ぱい)ぬ島 石垣空港] の開港に伴い、石垣島への観光客も急増し、多くのバスが空港へ乗り入れるようになりました。 本ブログでは 「新石垣空港へのバスアクセスにつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新石垣空港へのバスアクセスについて

 2013年3月 新石垣空港が開港しました。  石垣島で唯一路線バスを運行している、  東(あずま)バスの新空港への乗り入れ  についてまとめてみました。(2015年6月  よりカリー観光も路線バスの運行を開始  しました。) 石垣空港への路線バスでのアクセス方法については、 → 石垣空港へのバスアクセス2 で改…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

石垣島離島ターミナル

竹富島や西表島などの八重山離島への玄関口 である石垣島の離島ターミナルに ついて紹介します。 ※ 2015.04.20の路線バス時刻変更の内容を盛り込みました。 ※ 2013.3.7 の新石垣空港開港により離島ターミナルへ  路線バスが乗り入れるようになりました。 ■ 離島ターミナル概要 本土や沖縄本島方面から…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

バスで巡る石垣島2

石垣島での路線バスを使った観光地の巡り方についてまとめてみたいと思います。(その2です) 「バスで巡る石垣島1 」 の続きです。 ■ 主な観光地へのバスでの行き方について <目次> リンクをクリックするとジャンプします 川平湾、  底地ビーチ、  玉取崎展望台、  石垣島鍾乳洞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バスで巡る石垣島1

石垣島での路線バスを使った観光地の巡り方についてまとめてみたいと思います。(その1) ※ 2019/07 追記: 2019年07月時点での情報で見直しをかけました。 石垣島で路線バスを運行しているバス会社は ◆ 東(あずま)バス ◆ カリー観光バス(2015年6月新規参入) の2社ありますが、「カリー観光バス」は空…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

石垣島バスターミナル

石垣島で路線バスを運行している 東(あずま)バスのバスターミナル について紹介します。 ※ 追記:2015/04/20 の 空港線の経路変更の内容 を盛り込みました。 ※ 追記: 2013/03/07 の新石垣空港・開港に伴う路線バスの 変更内容を盛り込みました。 ※ ここまで追記   石垣島では離島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波照間島(その2)

八重山諸島にある波照間島は 日本最南端にある有人島です。 「ハテルマブルー」と呼ばれる独特の 青い輝きを持った美しい海が魅力の 素朴な島です。(その2) (その1)からの続き。。 ■高那崎  途中、案内板などはほとんど無くて、ちょっと迷いそうになり  ましたが、何とか「日本最南端の碑」があるに高那崎に着き …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

波照間島(その1)

八重山諸島にある波照間島は 日本最南端にある有人島です。 「ハテルマブルー」と呼ばれる独特の 青い輝きを持った美しい海が魅力の 素朴な島です。 ◆行き方 波照間島へは、現在「安栄観光」のみが高速船と貨客船(フェリー) を運航しています。 高速船は 夏季4往復、冬季3往復(いずれもそのうち1往復は大原港 経由)で所要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルスト原遺跡

 「フルスト原遺跡(ふるすとばるいせき)」 は石垣空港の北側に隣接する遺跡で、 石塁と呼ばれる城(グスク)のような形態を した城壁が複数残っており、15世紀八重山 の居住場所であったとされています。 ◆行き方 フルスト原遺跡は石垣市大浜にあります。 東バスの「白保線」に乗り、「大浜」で下車して徒歩15分ほど です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒島

牛の数が人口の10倍以上という 牛の島「黒島」は、のどかで広大な 牧場が広がり、ゆったりとした空気 が流れている癒しの島です。 ◆行き方 黒島は八重山諸島の沖縄県八重山郡竹富町に属する島の 1つです。竹富町と聞くと「竹富島」をイメージしてしまいますが、 八重山諸島のうち、石垣島と与那国島以外の島は八重山郡 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石垣島の年越し風景

いよいよ年が明けて2010年となりました。この前、21世紀を 迎えて大騒ぎしたと思ったら、早くも10年目突入です。 今年の正月ははじめて石垣島で迎えています。。。とは言っても 八重山の正月は旧正月が中心のようで、あまり正月という雰囲気 はありません。。 年末の29日に石垣島に移動してから、正月の3が日にかけては ずっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の沖縄まとめ

沖縄本島と石垣島に10日間滞在した「夏の沖縄」まとめです。 天候にも恵まれ、暑~い沖縄を体験できました。 そんな夏の沖縄の風景を何枚か。。。 ■沖縄空港 ■東南植物園 ■那覇市内の公園 ■泊港の夕焼け ■石垣島・川平湾1 ■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サビチ洞

サビチ洞は石垣島の北東部、川久保半島の 付け根付近にある小さな鍾乳洞です。あまり 知名度は高くありませんが、洞内から美しい 海に抜けることができる隠れお勧めスポット です。 ◆行き方 サビチ洞は石垣市伊原間(いばるま)にあります。東バスの 「平野線」または「一周線」に乗って約75分、「伊原間」で下車 し、徒歩約20分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉取崎展望台

 「玉取崎展望台」は石垣島の北東部に 位置する岬「玉取崎」の近くにある展望台で 島の東部に広がるリーフに囲まれた 美しい海岸線を一望することができる 景勝地です。 ◆行き方 玉取崎展望台は石垣市伊原間(いばるま)にあります。 バスターミナルから東バスの「平野線」または「一周線」に乗り 約1時間、「玉取崎」で下車して徒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐人墓(とうじんばか)

唐人墓(とうじんばか)は石垣島の西部にあり、 ロバート・バウン号事件で犠牲になった中国人 苦力(クーリー)を慰霊しているお墓です。 ◆行き方 唐人墓は石垣市新川にあります。バスターミナルから「川平リゾート線」 で約15分、「唐人の墓」で降りてすぐです。バスは一日6往復(夏場は 9往復)走っています。 1852年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

由布(ゆぶ)島

水牛車で有名な由布(ゆぶ)島は西表 (いりおもて)島に隣接する小さな島で 干潮時には西表島から歩いても渡る こともできます。 ◆行き方 西表島には大原港と上原港の2つの港があります。上原港は冬の 季節風や夏の台風のシーズンには欠航が多く、また便数も少ない ので石垣島からは大原港経由で由布島に向かう方法がお勧めです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

底地(すくじ)ビーチ+川平湾

底地(すくじ)ビーチは川平湾の北西に ある白い砂浜が美しいビーチで日本一 早い海開きで有名です。 ◆行き方 底地(すくじ)ビーチは石垣島北西部の石垣市川平にあります。 バスターミナルから東バス「川平リゾート線」で約70分、終点の 「シーマンズクラブ」で下車すれば徒歩3分でビーチに着きます。 その他の川平方面にいく路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小浜島

朝の連続ドラマ小説「ちゅらさん」の 舞台で一躍有名になった「小浜島」に行って きました。あいにくの曇りでしたが美しい海に 囲まれた素朴な風景を満喫しました。 ◆行き方 石垣島と小浜島との間の高速船は3社が運行しています。八重山 観光フェリーと安栄観光が一日10往復、石垣ドリーム観光が一日 8往復です。所要時間はおよそ2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島6-フガラッサ!そして石垣島へ

フガラッサ!与那国島を離れ飛行機で 石垣島に戻ってきました。「フガラッサ」は 「ありがとう」という意味の与那国方言です。 与那国島は本日も小雨でした。 それにしても与那国には独特の雰囲気がありました。うまく表現 できませんが、ゆったりとした静かで穏やかな時間と空間です。 もちろんこの島は車が少なくて静かで、遠くに波の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島5-与那国いろいろ

与那国島5日目、今日も与那国は 小雨がぱらつく天気でした。 いよいよ明日は石垣島に戻ります。結局到着した日は快晴で夏の ような暑さでしたが、それ以降は曇天か雨模様が続きました。 ただ気温は高めで最高気温は24度くらい夜も20度近くあるので 寒さはまったく感じませんでした。与那国の冬はこんな感じなのだ そうなので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島4-海底遺跡見学

与那国島4日目、今日も朝から曇天 で昼からは雨になりました。今日は 話題の「海底遺跡」を見てきました。 与那国島に行こうと思ったのはこの「海底遺跡」を見てみたかった というのが大きな理由の1つです。ただダイビングはできないので 見ることは無理かと思っていたところ、観光船でも見ることができる らしいという情報を聞いて与…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島3-与那国の歴史

与那国島3日目は朝から雨が降ったり 止んだりの天気でした。与那国の冬は こんな感じの日が続くそうです。こんな 天気の日には部屋でのんびりと過ごす のもいい感じです。 さて与那国島の歴史などについてちょっと調べてみました。 与那国島で確認されている最も古い遺跡は、空港の東側あたりに ある「トゥグル浜遺跡」と言われています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島2-与那国西部

与那国島2日目です。天気予報が 当たって朝から曇天で午後には小雨が 降り出しました。こんな時に予報が当た らなくてもいいのに。。 今日は自転車を借りて島の西半分を廻りました。与那国島は竹富島 などの珊瑚が隆起した八重山離島とは違い、大陸から分離してできた 火山性の島なので起伏が激しく、道のほとんどが坂道です。 したがっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

与那国島1-フェリーの旅

日本最西端の島「与那国島」にやって来ました。 与那国島は別名「どなん(渡難)」と呼ばれ かつては渡るのが困難と言われた西の 最果ての孤島です。 ◆行き方◆ 与那国島へは石垣島からフェリーで行く方法と石垣島または那覇 から飛行機で行く方法があります。 フェリー「よなくに」は石垣発が水、土、与那国発が月、木に出て います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石垣市営球場-千葉ロッテキャンプ地

沖縄本島から再び石垣島に移動してきました。さっそく沖縄プロ野球 キャンプ地レポート第5弾、千葉ロッテマリーンズの石垣市営球場です。 ◆行き方 石垣市営球場は沖縄県石垣市の石垣中央運動公園内にあります。 運動公園を通るバスはないため、最寄りのバス停から歩いていく 必要があります。最も近いのは空港線の「ショピングプラザ」となり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島唄の風2-やなわらばー

沖縄で活躍するお気に入りのミュージシャンとその曲を紹介する 「島唄の風」、第2弾は今一番のお気に入りの「やなわらばー」 です。 ◆やなわらばー                            「やなわらばー」は石垣島で生まれ育った幼なじみの女性デュオ  グループです。ボーカルと三線(さんしん)を担当する石垣優  (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竹富島

石垣島から高速船で10分で行ける 「竹富島」は古き沖縄の風情を感じさせるような独特の 雰囲気を持った島です。 ◆行き方◆ 竹富島は石垣港離島ターミナルから高速船に乗って約10分で 着くことができます。高速船は「八重山観光フェリー」、「安栄観光」、 「石垣島ドリーム観光」の3社が運航しています。「八重山観光」と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石垣島の路線バス事情

石垣島の路線バスについてまとめて おきます。 石垣島の路線バスは東運輸が運行する東(あずま)バス1社のみ です。運行ルートとしては一周線や最北端の平久保崎まで走る路線 などがあってほぼ島内を網羅していますが、本数は一日1~2本という 路線がほとんどなので利用する場合は時刻を確認しておかないと 「帰りのバスがない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

島唄の風1-BEGIN 

沖縄で活躍するお気に入りのミュージシャンとその曲を紹介する 「島唄の風」、まずは石垣島が生んだ沖縄音楽の神「BEGIN」 です。 最近の沖縄ブームで本土でも聴く機会の多い沖縄音楽ですが、 沖縄出身といわれているミュージシャンには実は石垣島出身者 が多くてびっくりします。沖縄出身の歌手としてまず思い浮かぶ 「夏川りみ」、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川平(かびら)湾

石垣島に来てはじめて良い天気になり ました。石垣島随一の景勝地「川平湾」の眺めは 本当に想像を絶するような美しい景色の広がる 絶景の連続でした。。 石垣予報では「曇り時々雨」でしたが起きてみたら晴れ! 週間予報も一転して晴れマークが並んでいます。 まったく島の天気予報はあてになりません。東京でこんな予報 だったら苦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more